2010年08月30日

迎朝

 プロ野球の埼玉西武ライオンズは先日まで7連敗中でした。
 一昨日の試合は粘りを見せたものの引き分け。
 引き分け試合は、勝ったわけではないので(負けたわけでもないのですが)、
 連敗は続いていました。昨日まで。

 西武ライオンズの試合中継は、全国区でのテレビ局がすることはなく、
 埼玉のテレビ局「テレ玉」でたまに中継をします。
 しかし、昨日は中継はありませんでした。

 昨年までは、yahooがパ・リーグの試合に限り、
 完全無料中継していましたが、それも今年から無くなりました。

 なので、昨日は、yahooスポーツのプロ野球1球速報で試合情報を得ていました。

 中盤に失点するも、すぐに逆転。しかし、終盤に逆転を許します。
 そのまま負けるいつものパターンかと誰もが思ったはず。
 迎えた最終回、9回裏。ここで逆転サヨナラホームランが飛び出します。
 
 1球速報で盛り上がってしまいました。
 きっと球場はお祭り騒ぎになっていたことでしょう。
 yahoo掲示板「レオの部屋」の書き込みも盛り上がっていました。

 「朝の来ない夜はない」と言います。
 どんなに暗い夜が続いても、いずれ明るい朝が来る。
 大変な時があっても、必ず良い時が来る。

 やっと埼玉西武ライオンズの夜が明けました。
 劇的な夜の明け方でした。 
posted by 熱血感動型 at 06:01| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

投資

 87031674.jpg
 CHANCE―成功者がくれた運命の鍵 犬飼ターボ著 飛鳥新社刊

 私は、ネットや新聞で興味のある本を見つけると、
 原則、ブラウザの「お気に入り」に登録をします。

 で、幾日か経過した後に「お気に入り」を見直してみて、
 その本にいまだに興味を持っているようであれば、購入をします。

 発見した当初はかなり興味を持っていたのに、
 数日経つと興味を失う本が多いことに気付きます。

 さて、上記の本は、2005年7月第1刷発行と、新しい本ではありません。
 この本を知ったきっかけは忘れてしまいましたが、
 ブラウザのお気に入りに入れた後、興味を失うことがありませんでした。

 内容は、起業家向けの小説風成功指南書といった趣でしょうか。

 随所に参考になるエピソードがありましたが、
 中でも一番参考になったのは「消費よりも投資が先」の話です。
 
 消費はお金を生み出さない買い物であり、 
 投資はお金を生み出す買い物であることは、
 当たり前といえば当たり前。

 しかし、人はちょっと収入があると消費をしがちです。
 なぜなら、すぐに楽しさを得られるからです。
 そうして、財を枯渇させていく。自分もそういう傾向が強いかも。

 私は現在、2つほど自分に投資したい案件があるので、
 良いタイミングでこの考えに触れることが出来たと思いました。

 起業直後の方へお勧めの本です。
posted by 熱血感動型 at 06:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

再開

 私は、診断士受験生時代に、
 朝会社に行く前に90分の学習時間をとっていました。
 合格し、朝勉強をしなくなっても、
 目が覚めてしまうので、2年半ほど前からジョギングを始めました。

 私は、もともと腰痛持ちなのですが、
 ジョギングを始めて数カ月後に、嘘のように腰痛が無くなりました。
 ジョギングで血行が良くなったのか、筋肉がついたのか、
 腰痛解消の要因は、はっきり分かりませんけど。
 
 で、6月末のジョギング中に足をひどくひねり、捻挫をしてしまってから
 かれこれ2か月が経ちました。この間は当然ジョギングもできません。
 
 足はいまだに痛みと腫れが残りますが、
 交差点で歩行者用信号が点滅しているときなどは、
 軽く走ることが出来るまでには回復してきました。

 さて、最近、座って仕事をすることが多いこともあって、
 どうも腰に違和感を感じるようになってきました。

 足は回復しつつあり、腰痛は再発しつつある。
 そろそろジョギング再開の時期かなぁと思いつつ、
 運動再開のリハーサルとして、息子と広い芝生の公園に行き、
 キャッチボールをすることにしました。

 キャッチボールといえども50mは離れて投げ合うので、
 捕球する際などは、それなりに走りもします。

 準備運動として足首を回してみましたが、痛い。
 ずっと足首を回していなかったので、筋肉が硬くなっている感じです。
 さらに足首を回し続けると、痛みが軽くなっていきます。

 久々のキャッチボールはおっかなびっくりでしたが、
 子どもの成長も感じることができて、楽しくやれました。

 そうこうしているうちに、痛みはほぼなくなりました。
 残っていた足の痛みは、運動で解消できたようです。

 ということで、近いうちにジョギングシューズを買い換えて、
 ジョギングも再開させようと思います。

 しかし、ジョギングをしていた2か月前と現在で
 体重も体脂肪率も変わっていないんですよね。
 不思議です。
posted by 熱血感動型 at 13:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

三富

 企業勤務時代、自宅のある川越市から職場のある所沢市まで、
 車で通勤をしていました。

 通勤経路には、上富・中富・下富という地名からなる、
 農業が非常に盛んな「三富地域」がありました。

 この三富地域を活性化させようということで、
 診断協会の後援による「農と里山シンポジウム」が開催されます。

 ●開催日 2010年9月18日(土)13:00〜16:00(12:00受付開始)
 ●参加資格 中学生以上
 ●併設行事 落ち葉堆肥で育てた野菜の無料配布
 ●参加費 無料(先着600名)

 詳しいご案内はこちらから。
 
 非常勤講師をしている大学が、三富地域と関わりを持つようになった関係から、
 当該シンポを通じ、診断士による地域興しグループ、
 「三富応援隊」の事務局を務めることになりました。

 会費無料のゆるいつながりで応援活動をしていこうと思っていますが、
 まだ具体的な活動内容も決まっておらず、MLを立ち上げただけの状態です。

 アグリビジネス、地域興しにご興味のある方、
 診断士との人脈を拡大させたい方はシンポにお越しいただき、
 応援隊に入っていただければ、と思います。

 参加希望の方はbbb3850●ybb.ne.jp(●を@に変えて)へメールください。
 折り返しご返信を差し上げます。
posted by 熱血感動型 at 06:41| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

札屋

 先日開催したセミナーは、
 JR千駄ヶ谷駅前の東京体育館内で実施しました。
 ここのすぐそばには国立競技場があります。

 事前情報で、当日、セミナーの時間帯と同じ時間帯に、
 国立競技場で嵐のコンサートがあるということを聞きました。
 コンサート初日ということで、いつもよりも多い人出が予想されるのだそうです。

 当日17:00ちょっと前に千駄ヶ谷駅に到着するべく、電車に乗りました。
 千駄ヶ谷駅に近くなるにつれて、乗客の女性比率が高くなるとともに、
 その年齢層も低くなっていきました。

 千駄ヶ谷駅でドッと降りる娘の群れ。当然、私も千駄ヶ谷駅で降りましたが、
 スーツの上着を着込んだ40代の私はちょっと浮いていたかもしれません。

 千駄ヶ谷駅の改札を出ると、人でごった返していました。
 そのうち、ざっと3,40名くらいの娘さんたちが画用紙を持って、
 改札から出てくる人にアピールしています。

 画用紙に書かれた内容は
 「コンサートチケット譲ってください」
 というものでした。

 これって「ダフ屋さん大歓迎」というメッセージの裏返しなのでしょうか。

 ちょっと気になったので、Wikipediaでダフ屋さんについて調べてみました。

 ・ダフ屋の語源は札(フダ)屋(場所代を「ショバ代」と言うのと同様)
 ・ダフ屋行為とは、転売目的でチケットを入手し、それを転売する行為
 ・ダフ屋さんからチケットを購入した人も処罰の対象となり得る
 ・都道府県ごとの迷惑防止条例で取り締まられるが、
  都道府県ごとに定めが違う場合があり、処罰されない自治体もある
 ・ネットでのチケット転売は実質取り締まりが不可能

 なるほど、よい社会勉強に勉強になりました。

 っていうか、条例を定めている東京都において、
 あの娘たちの行為を野放しにしていていいのか?
 娘さんたちに、悪気が全く無さそうな点が、非常に気になりました。
posted by 熱血感動型 at 11:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

先方

 先日、自主セミナーを開催しました。

 これまで、セミナーなどの講師をする際は、
 商工会議所や大学などの公的機関や、民間企業からの依頼で登壇していました。
 なので、広告宣伝といった集客面や、会場の設営といった面は全て先方任せであり、
 私は、セミナー当日のことだけを考えていればよかったのです。

 しかし、今回は全て自分で行わなければなりません。
 ひとりでは、やり切れないことが予想されたので、
 同じ研究会に所属する診断士の方にセミナーの運営を手伝っていただきました。

 公的機関や企業等、先方に運営を任せることができるということは楽な半面、
 お付き合いや上司命令で、いやいや受講される方がいることも事実です。
 自主開催は、この反対で、楽ではないけれども、積極的な受講者の方ばかりでした。
 それとともに、運営側の苦労がよく分かりました。
 先方の苦労を、当方の苦労として感じることができました。

 この経験は、次回以降の講師活動に活かすことができそうです。
 なんでもやってみるものですね。
posted by 熱血感動型 at 14:15| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

混雑

 先日、帰省してきましたが、片道700qの道のりを
 往復ひとりで運転するのは、やはり骨が折れました。

 それも12日に自宅のある埼玉から、実家のある青森へ向けて出発し、
 16日に埼玉へ帰ってきたわけで、行きも帰りも大渋滞。
 片道15時間の道のりでした。

 夏休みをずらしてとることが出来るなら、そうしたかったのですが、
 いたし方ありません。

 明日行うセミナーも、夏休みをずらしてとられる方々から
 「参加できなくてスイマセン」とご連絡をいただきましたが、
 かつての私も夏休みをずらしてとっていましたので気になさらずに。

 というわけで、明日の「ワクワク熱血セミナー」は席に余裕があります。
 当日飛び入り参加もOKですので、お時間があう方・お時間のある方、
 ご参加をお待ちしております。

 以上、帰省の混雑にかこつけた宣伝記事でした。
 セミナーの詳細はこちらの記事です。

 そうそう、混雑といえば、明日は国立競技場で嵐のコンサートがあるそうで、
 セミナー会場の最寄駅、千駄ヶ谷は混雑が予想されるそうです。
 一応、ネガティブ情報もオープンにしておきます。

 ささ、明日の準備準備。
posted by 熱血感動型 at 14:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

昨夜

 昨夜は独立開業研究会の10周年記念パーティーに参加してきました。
 独立開業研究会は、独立を目指したり、
 独立後早期に事業を軌道に乗せたい診断士を対象とした研究会で、
 私は、診断士に登録してすぐに、この研究会に参加するようになりました。

 パーティーの中で、様々な話を聴くことが出来たのですが、
 非常に心に残った話が2つありました。

 @資格の重要性

 当研究会創始者の方は、ご自身の判断で診断士の資格を返上しています。

 「診断士の資格は持っていても何の役にも立たない」と言う方が結構いますが、
 それは資格ホルダーだから言えるわけなんです。

 診断士の資格を返上し、資格ホルダーでなくなってみると、
 本当に診断士の資格のありがたさが分かったそうです。

 診断士という資格ホルダーだからこそ受注できた仕事があった、ということなんですね。

 受験生時代に、あれだけ憧れた診断士の資格も、
 いざ手にしてしまうと魅力が薄れてしまうものです。
 資格への感謝の気持ちを忘れずにいようと思いました。

 A「仕事をください」と言える勇気

 これは、以前、当研究会で講演をされた先生からの話です。
 独立した人はみんな仕事が欲しいわけです。
 しかし、「仕事をください」という台詞はなかなか言えない。

 だからこそ、この台詞を言える勇気のある人は、
  それだけで差別化されているんですよね。

 実際、私もこの台詞、3名の方に発したことがありますが、
 あまり頻繁に発することにためらいがあるのも事実です。

 仕事の幅を更に広げるためにも、この台詞あえて使ってみようかな、と思いました。

 昨夜は楽しくかつ身になるパーティーに参加でき、有意義な夜を過ごせたと思います。
 
 さて、パーティー終了後、ほろ酔い状態でJRの駅まで歩きました。
 駅のそばまできて、私が目指すべき駅は地下鉄の駅だったことに気付き、
 その地下鉄の駅を探すために、結果的にJRの駅を一周したことは内緒です。 
posted by 熱血感動型 at 08:57| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

付箋

100814_0626~02.jpg

 実家のある青森市へ帰省してきました。
 
 祖父母が孫を連れ、あちこちに出かけたいということでしたので、
 私だけ自宅に残り、祖父(私の父ですね)の机で仕事をすることにしました。
 (予め、そうなることを見越して、仕事を持ってきていました)

 机に座ろうとすると、机に貼られた何枚かのポストイットに気付きました。
 どうやら、私の父の琴線に触れた言葉を書き留めているようです。
 その中の1枚になぜか強く惹かれました。

 「一億の人に一億の母あれども 母に勝る母はなし」

 父親は、自分の母親(私の祖母ですね)の話はほとんどしません。
 その父がどういう想いでこの一節を書き留めたのか、
 想いを馳せているうちに、なぜか胸が熱くなってしまいました。
posted by 熱血感動型 at 10:49| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

記憶

 「この赤ちゃん、俺らみたいな酔っ払いのおっさんの話をしっかり聴いてくれているよ。
 ほら、こんなにジッと見つめてくれて。何かありがたい気がするよな」

 東京ドームでナイター観戦をした帰りの電車内。そこそこ混雑していました。
 私は当時1歳の長男坊を抱きながら吊革につかまっていました。
 妻のお腹には、次男坊がいましたので、長男の抱っこは私の仕事でした。

 私の背後には、飲み会帰りと思しきスーツ姿の男性が3人、
 他愛のない立ち話をしていました。
 そのリーダー格の男性がふと、うちの長男の視線を感じて発したのが冒頭の台詞。

 ちょうど、長男坊が私の肩越しに彼らを見つめていたようです。

 次の停車駅で座席が空きました。
 「お父さん、座んなよ」とリーダー格の男性。
 「あ、ありがとうございます。でも身重の女房を座らせたいんで」と妻を座らせました。

 「おいおい、綺麗な奥さんだなぁ」とリーダーが仲間に話します。

 酔っ払って電車に乗っても、こんな暖かい振る舞い・発言が出来るこのリーダー、
 部下にも慕われているんだろうなぁと思いました。

 今朝、電車で移動していると、車内に赤ん坊を抱いたお母さんが立っていました。
 抱かれた赤ん坊は、お母さんの肩越しに、他の乗客をじっと見つめていました。
 つぶらな瞳が可愛い。

 ふと、10年以上前の記憶が蘇りました。

 今の自分は、あのリーダーのように、
 他人に対してオープンに接することができるのだろうか。

posted by 熱血感動型 at 17:55| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

納得

 2日間の1次試験が終わりました。受験生の方、お疲れ様でした。
 
 まだ診断協会から正答は発表されていないので、
 各受験機関の模範解答で自己採点している方が多いと思います。
 熱心に勉強してきた人ほど、早く結果を知りたいですしね。

 受験機関の模範解答は、あくまでも模範解答であって、
 正答ではないことに留意です。
 ある年の某受験機関の模範解答が、
 診断協会が発表した正解と7科目合計で30点ほど差があったそうです。

 まずは、今日の午後に診断協会HPで発表予定の正解を待ちましょう。

 さて、私は、6年間の受験生活で、
 受験校の1・2次ストレートコースに申し込んでいた年が2回ありました。
 1次対策講義と2次対策講義がセットになったコースです。

 両年とも1次試験後に自己採点をした結果、
 当年の2次試験の受験権利は得られるレベルではないことが分かりました。
 これを受けて、当年の2次対策講義には一切出席しませんでした。
 
 翌年のために受講するべき、という考えもありましたが、
 やっぱり受講する気になりませんでしたし、
 受講したとしても、身にならなかった気がします。

 休んでコンディションを整えることは、合格に対する有効なアプローチです。
 心体のコンディションが整うと、納得感が得られるので軸がぶれません。
 その状態になってから受験勉強を行うのが、
 私の経験では一番効果が高かったと思います。
posted by 熱血感動型 at 05:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

試験

 当時ガソリンスタンドに勤務していた私は、
 業界紙で、ガソリンスタンド専門のコンサルタントが、
 小説風研修書を出版したことを知り、読んでみました。
 内容が非常に面白く、ためになり、
 タイミングが良かったせいもあって、当時の職場の実績は大きく伸長しました。

 後日、そのコンサルタントの方とお話しする機会があり、
 デール・カーネギーの著書「人を動かす」を勧められました。
 読んでみると、やはり内容が非常に面白く、ためになったので、
 デール・カーネギー・コースという研修に参加してみました。
 自分を磨く楽しさに目覚めた研修でした。

 その頃、書店で立ち読みした雑誌に
 「ビジネスマンが目指すべき最高の資格」として
 中小企業診断士が紹介されていました。
 
 デール・カーネギー・コースの参加者の中に診断士がいたこともあり、
 また、この研修で自分を磨く楽しさを知った私は、
 診断士の資格をとろうと思いました。

 私がもしガソリンスタンドにいなかったら、
 コンサルタントに「人を動かす」を勧められなかったら、
 デール・カーネギー・コースに参加していなかったら、
 書店で資格系の雑誌を手にとっていなかったら、
 診断士になろうと思うことも無かったのかもしれません。

 診断士試験合格に挑むきっかけは、どこに転がっているのか分かりません。
 その転がっているチャンスをしっかり掴みたいものです。

 転がっているチャンスを掴んで、昨日の1次試験初日に挑んだものの、
 打ちのめされた人もいると思います。
 初日の精神的ショックを立てなおすことができるかどうか、試されているんです。

 診断士試験で試されているのは、
 知識やスキルだけではなく、生き方なのではないかと思えてなりません。
posted by 熱血感動型 at 06:59| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

挑戦

 平成14年の夏。私にとって初めての1次試験受験会場は、
 御茶ノ水駅から徒歩数分、明治大学リバティタワーでした。
 
 当日の朝、駅から会場に向かうと、途中にマクドナルドがありました。
 マクドナルドでは、一見して受験生と分かる方が、
 テキストやサブノート、暗記カードで勉強をしていました。
 受験生の必死さが伝わって来て、ちょっと恐怖感を覚えました。
 
 マクドナルドで朝食を摂り、会場に向かうと、
 「がんばってくださ〜い」と受験校の方々が、パンフやらウチワを配布していました。

 赤の他人から「がんばって」なんて言われたのは、
 学生時代に野球の試合で応援をされて以来の話で、
 何やら嬉しくなりました。

 もっともその頃は、その後、
 まさか4回も受験することになるとは思ってもいませんでした。


 明日から2日間にわたる1次本試験。
 上々の滑り出しを決める方もいれば、実力不足を痛感する人もいるでしょうし、
 あと1科目、あと1点に泣く人もいるのだと思います。

 診断士試験は大人の甲子園。挑戦の夏、いよいよ本番です。
posted by 熱血感動型 at 08:41| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

滑走

 一昨日、小学校6年生の次男坊と、私の仕事の話になりました。

 次男坊は、私が独立した直後から、
 ドンドン稼いでくれるものと思っていたそうです。
 その結果、自分のお小遣いも増え、ちょっとリッチな生活ができる
 と思っていたようなんですが、実際はそうはならなかった。
 これについて、ややガックリしたのだそうです。

 おそらく親として、子にこのような期待を持たせる言動が
 あったのだろうと思います。反省しないとイケマセン。 

 その次男坊いわく、最近のお父さんは仕事の調子がよくなり始めて、
 上昇していると感じているのだそうです。(あくまでも、次男坊の見解です)

 独立後に、いきなり大々的に稼げる人は多くはないわけで、
 そこに至るには、やっぱり助走期間が必要だと思うのです。
 
 長い滑走の結果、飛び立てない飛行機もありますし、
 長い滑走の結果、飛び立っても、不幸にも事故に遭う飛行機もあります。
 でも、飛び立つ希望があるからこそ、滑走できるんです。

 長い滑走期間を経て、高く遠くに飛び立って、上昇気流に乗りたいものです。
  
 以上、昨日のつぶやきの背景についての説明を行ってみました。
 
 
 nekketukanndoug / 三上 康一
 滑走路が長ければ長いほど、高く遠くへ飛べることを信じたい at 08/04 18:11
posted by 熱血感動型 at 06:20| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

開催

 「受験生最後の日」を出版した2008年から、「出版記念パーティーをやろう」
 という話は、毎年執筆者の中で出ていました。

 なのですが、開催にこぎ着けなかったのは、縁がなかったのか、
 執念がなかったのか。はたまた、タイミングの問題だったのか。

 3度目の正直なのでしょうか、「最後の日」シリーズの3作目が出た今年、
 やっとパーティー開催にこぎ着けました。

 とはいえ、パーティーの日程と私の都合が合わず、出席が叶わないのですが;;;
 
 2010ドキュメント.jpg

  事例80分料理法出版記念企画 診断士502教室夏祭り〜2次試験キックオフ
  「2次試験 勉強法&試験当日の必勝法」

 ■日時
 2010年8月12日(木)

 <1次会>
 開場 18:30
 開始 19:00(途中参加も歓迎します!)
 終了 20:40

 <2次会>
 開始 21:00
 終了 23:00

 ■会費
 1次会 無料
 2次会 4,000円(飲み放題つき)

 ■会場
 1次会 文京シビックセンター 5階会議室C(最寄駅:後楽園)
 2次会 とん豚テジ(最寄駅:本郷三丁目)

 ■定員
 1次会 70名(先着順)
 2次会 30名程度を予定

 ■目玉企画
 その1 
 執筆陣が語る「2次試験 勉強法&試験当日の必勝法」
 presented by 料理法チーム&ふぞろいチーム代表
 その2
 「2次試験のここが知りたい!」合格者&受験生パネルディスカッション
 来場者、UST視聴者からのご質問に、リアルタイムでお応えします!
 presented by 料理法チーム代表
 その3
 来場者限定特典!
 「2次試験最強知識ストック30」
 presented by 料理法チーム代表

 この他にも、受験生同士の交流タイム&サイン会などの時間をたっぷり設けています!

 お申し込みはこちらから

posted by 熱血感動型 at 05:38| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

魅力

 世田谷の祖師谷大蔵駅に来ています。
 7月7日にこの近辺に仕事で訪れて以来の訪問です。
 ここは以前、当駅近くに円谷プロダクションの本社があったことから、
 駅そして周辺の商店街では、ウルトラマンが沢山活躍しています。

 まず駅のホームに降り立つと
 TS3J0051.jpg
 
 改札へ向かうと
 100803_1201~01.jpg
 100803_1157~02.jpg
 100803_1157~01.jpg

 駅から出ると
 100803_1159~02.jpg
 100803_1159~01.jpg

 駅前の商店街は
 100803_1200~01.jpg

 ウルトラマンと共に育った世代の私としては、魅力を感じてしまう街です。
posted by 熱血感動型 at 13:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

活力

 以前、私がお世話になっていたカウンセラーの先生は、
 本当に沢山、私の話を聴いてくれました。
 そして、私の中にある正解を引き出してくれました。

 そしてカウンセラーの先生とのやり取りの中で、
 私は中小企業診断士になることを決め、勉強を開始しました。

 当時、「助言理論」が診断士1次試験の科目に存在しており、
 コーチングの存在は、この科目の勉強を通じて知りました。

 ちょうどその頃、上司がコーチング研修を受講しており、
 その資料を見せてもらって、コーチングに興味を持ちました。
 その資料には、相手の中にある正解を引き出すスキルが沢山書かれていました。

 それらのスキルを職場で実践してみると、職場が活性化し、実績が向上しました。

 その後、私はコーチと契約してセッションを受けたり、
 私がコーチとしてクライアントさんと契約し、セッションをするようになっていきます。

 
 さて、昨日は、所属する研究会の定例会でした。テーマは「コーチング」。

 コーチを2名お招きして、3時間ほど様々なワークを体験しました。

 腕と脚を組み、目をそらし、ふんぞり返って相手の話を聞くワーク。
 向かい合った相手の掌と自分の掌に体重をかけ合って、お互いを支え合うワーク。
 背中あわせに座って、相手を感じるワーク。
 その他にも話し合いの場があったりと、あっという間の3時間でした。

 ワークでは様々な気付きがありましたが、大きかったのは、
 私のコーチング人生を改めて思い起こすことが出来たということです。
 時には原点を思い起こすことで、今後の活力が得られることにも気付きました。
posted by 熱血感動型 at 12:29| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

行動

 「考えが変わり、そして発する言葉が変わり、さらに行動が変わっていく。」
 人は、このプロセスを経て成長や変貌を遂げて行くのが通常の姿だと感じています。

 しかし、私含め自分の考えというものは、なかなか変えることができません。
 ですから、発する言葉も変わらないし、行動もなかなか変えることが出来ない。
 結果、成長や変貌が困難なものとなっている気がしています。

 そこで、私が診断士受験生時代(合格年度)に実際に行ったのは、
 「行動から変えていく」ということです。

 一例を挙げると、受験勉強で机に向かっていて、
 ちょっと疲れてきたので、休憩がてらネットサーフィンを始めたとします。
 気がつくとネットサーフィンを始めてから30分が経過していました。
 さらにネットサーフィンを続けるべきか否か。
 このときに合格者ならどうするかを考え、合格者がとるべき行動をとる。

 仕事が忙しくて、クタクタになって帰宅したとします。
 今日は疲れたから受験勉強はお休みして早く寝ようと考えたとします。
 本当に休むべきか否か。
 このときに合格者ならどうするかを考え、合格者がとるべき行動をとる。

 一事が万事で、自分の日々の行動が、合格者もとるものなのか、
 を考えて行動を決めていました。

 行動を決めるということは、やはり考えを伴いますから、
 結果的に、言葉や考えが合格者のものへと変わったのではないか、と思います。
 
 さて、診断士試験に合格して3年目の今、
 自分は今「【ナイスな】診断士」がとるはずであろう行動を
 とることができているのだろうか。
posted by 熱血感動型 at 12:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。