2010年08月01日

行動

 「考えが変わり、そして発する言葉が変わり、さらに行動が変わっていく。」
 人は、このプロセスを経て成長や変貌を遂げて行くのが通常の姿だと感じています。

 しかし、私含め自分の考えというものは、なかなか変えることができません。
 ですから、発する言葉も変わらないし、行動もなかなか変えることが出来ない。
 結果、成長や変貌が困難なものとなっている気がしています。

 そこで、私が診断士受験生時代(合格年度)に実際に行ったのは、
 「行動から変えていく」ということです。

 一例を挙げると、受験勉強で机に向かっていて、
 ちょっと疲れてきたので、休憩がてらネットサーフィンを始めたとします。
 気がつくとネットサーフィンを始めてから30分が経過していました。
 さらにネットサーフィンを続けるべきか否か。
 このときに合格者ならどうするかを考え、合格者がとるべき行動をとる。

 仕事が忙しくて、クタクタになって帰宅したとします。
 今日は疲れたから受験勉強はお休みして早く寝ようと考えたとします。
 本当に休むべきか否か。
 このときに合格者ならどうするかを考え、合格者がとるべき行動をとる。

 一事が万事で、自分の日々の行動が、合格者もとるものなのか、
 を考えて行動を決めていました。

 行動を決めるということは、やはり考えを伴いますから、
 結果的に、言葉や考えが合格者のものへと変わったのではないか、と思います。
 
 さて、診断士試験に合格して3年目の今、
 自分は今「【ナイスな】診断士」がとるはずであろう行動を
 とることができているのだろうか。


posted by 熱血感動型 at 12:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。