2010年10月19日

棚卸

 ここ最近で読んだ本を挙げてみます。
 電車の移動中に、座れなかった時間を使って読んだ本です。

 プラチナデータ.jpg
 プラチナデータ 東野圭吾 幻冬舎

 お気に入りの作家、東野圭吾氏の著作です。
 夏に帰省した時に、書店の店頭で発見しましたが、
 お土産に加えて、何も書籍まで帰省先から買ってくることもなかろうと、
 その場では書籍の購入は見送りました。
 しかし、いずれ買おうと思っているうちに、
 ひと月以上経過して、ようやく購入に至ります。

 東野さんの作品はハズレが無いんですよね。
 「この作家の作品をたまたま読んだら面白かった。
 なので同じ作家の他の作品も読んでみたけど、つまらなかった」
 東野さんは、こういう想いをさせない作家です。

 読後感としては、犯人の設定に無理があったかも。ラストもイマイチ。
 とはいえ、やはり読ませます。グイグイ引き込みます。全体的には面白かった。

 4495590715.jpg
 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法 東川仁 同文館出版

 「まこにっき」のまこさんが紹介されていた本。
 著者は中小企業診断士の方です。

 独立診断士の仕事のとり方を丁寧に解説されています。
 独立を考えておられる診断士にお勧め。
 特に企画書の書き方は非常に参考になりました。

 著者の先生のセミナーもあるそうなので、そちらにも参加してきます。

赦し.jpg
 赦し 矢口敦子 幻冬舎

 著者の矢口さんは、こちらの著作に限らず、
 派手なストーリー展開ではないのだけれど、
 ホッとする作品を書きます。
 
 派手さがない分、ページをめくる手が
 遅くなったりすることもあるのだけれど、
 新作が出ると、ついつい買ってしまいます。

 激ウマラーメンじゃないのだけれど、
 気がつくとそのお店に通っているイメージです。 

 
 さて、それはそうと、徐々に書斎に本を置く場所が無くなってきました。
 実は、以前、本を売ったことについて、
 いまだに後悔しているので、あまり売りたくありません。
 トランクルームを借りるか、どうするか。
 まずは一回、書斎の書籍の棚卸をしたいところです。


posted by 熱血感動型 at 06:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。