2010年11月03日

浪費

 先月実施された2級販売士検定試験の
 過去問解説を執筆しています。
 
 11月7日が締め切りなのですが、
 着手できたのが10月31日。

 この日は丸一日自宅にいることができ、
 過去問解説の他には、負荷の高い作業もないので、
 集中して取り組むつもりでした。

 しかし時間というものは、あればあったで無駄に消費しがちで、
 この日は、50問中7問の執筆で終了してしまいました。
 このペースでは、締め切りに間に合いません。
 
 翌日11月1日も丸一日執筆に取り組める予定でしたが、
 何か対策を考えないと、前日同様、時間を浪費して
 1日を終えてしまうことになりかねません。

 そこで、1問あたり執筆に何分使っているのか、
 時間を測ってみることにしました。
 以前、事例演習の添削を行った際に、
 1枚の添削に使っている時間を測ってみることで、
 大幅に効率がアップしたことを思い出したからです。

 1枚当たりの添削に使っている時間が長いか短いかではなく、
 タイムを計測している、という事実が
 作業行動の無駄を排除しようという意識につながるみたいです。

 ということで、時間を計測しながら、執筆を進めたわけですが、
 結局11月1日は、50問中17問の解答解説を書くことができました。
 効果てきめん、といったところです。

 さて、この話を昨日、お世話になっている診断士の四ッ柳さんにお話ししました。
 四ッ柳さんは、ご自身の会社内で作業をするときに、
 15分刻みでタイマーを鳴らしているのですが、
 それもやはり時間の浪費を防止するためなのだそうです。

 15分経ってタイマーが鳴る。
 「この15分で私は何をしていたのだろうか」
 と自問して次の15分のカウントを始める、というのです。  

 四ッ柳さんの会社にお邪魔した際、
 15分刻みでタイマーを鳴らしているな、ということは気づいていましたし、
 その理由は、恐らく時間管理について某かの意味があるのだろう、
 と思っていましたが、そういうことだったんですね。

 今日も1日自宅で販売士検定試験の過去問解説の執筆をしますが、
 時間を浪費しないために、上記のような工夫をして取り組みます。
 今日の目標は20問分の解答解説を書き上げることです。

 さて、前述の四ッ柳さんですが、
 11月22日(月)に士業で独立したい方向けに、
 ネットを使った顧客獲得法について、セミナーを実施します。
 ご興味のある方はこちらに詳細があります。
 ちなみに私は当日、受付のお手伝いをする予定です。


posted by 熱血感動型 at 08:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。