2011年02月28日

昼食

 週1回から2回のペースで、某社のお手伝いをしています。
 お手伝いをする日は、10:00〜18:00まで
 新宿にある当社に詰めて、諸作業を行っています。

 当社の最寄駅は新宿御苑前なので、近隣には飲食店がたくさんあります。
 お昼休みに当社のスタッフと出歩いて、ランチをするのが楽しみです。

 先日、ランチをとろうと当社からお目当ての飲食店に向かう途中、
 独特な雰囲気を醸し出している一帯を通りました。
 飲み屋街なのは間違いないんですが、通常の飲み屋街とは何かが違う。
 お店の看板やショップがちょっと何となく、「それ」っぽいんです。
 そこが新宿二丁目だということを教えてもらいました。うぅ、怖い!

 また別の日の話。
 当社のそばにはビジネスホテルが結構あるのですが、
 そのうちの1軒は、毎月最終金曜日に限り、
 かなりゴージャスなバイキングを実施します。

 先日も行ってきました。そのときのメニューは、
 ・パスタ ・和惣菜 ・ローストビーフ ・サラダ
 ・お刺身 ・グラタン ・デザート(ケーキ、フルーツ)
 どれも美味いんですよね。
 これに、ご飯とスープ、ドリンクバーがついて1,000円です。

 なので、毎月最終金曜日はそこのホテルでランチをとることにしています。
 ついつい食べ過ぎちゃうのが悩みの種だけれど。
 
 一緒にランチをとりにいったある方は、ご飯は食べずに、
 おかずだけで満腹になっていました。

 当ホテルは、場所が分かりずらいし、
 このバイキングの告知もしていませんが、いつも大盛況です。

 来月からは、当社の支援も丸1日ではなく、午後からの半日になりました。
 みんなで、ここのホテルにランチをとりに行くことがなくなるのはちょっと残念です。

 ちなみにこのバイキングは、ホテルリステル新宿で実施しています。
 ご興味のある方はぜひ一度。絶対損はしません。
posted by 熱血感動型 at 07:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

質問

 週1程度のペースで、丸1日マーケティング講座の講師をしています。

 講義中、受講生からの質問が多いと感じていましたので、
 理解しやすいように、かみ砕いた講義をするように心がけています。

 さて、先日の講義の昼休み、受講生の方と雑談をする機会がありました。

 「先生の講義って受講生からの質問が多いですよね」と言われました。
 いわく、質問が多いということは、
 それだけ私の話を受講生が集中して聞いているということだと。
 それは話の内容、話し方で受講生を引き込んでいるからなんですよね、
 と言っていただけました。

 これは嬉しい。午後も張り切って講義を行いました。

 そんなこんなで当日の講義が終了しましたが 
 片づけをしていると、別の受講生の方から質問を受けました。

 質問の内容は、 マーケティングではなく簿記3級の問題についてでした。
 受講生の方は、私が診断士であるということを知っているので、
 簿記も詳しいと思っているようです。

 確かに1次試験に合格した直後は、詳しかったと思います。
 しかし、1次試験に合格した平成18年以来、簿記にはほとんど触れていません。
 2次試験は簿記の知識はほとんど使わないし。

 さび付いた知識をフル稼働させたものの、
 質問にほとんど答えることができませんでした。。

 多くの質問が出るということは、嬉しいことですけどね。確かに。
posted by 熱血感動型 at 09:47| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

贈物

 昨夜、降りしきる雪の中、帰宅しました。
 
 玄関でコートについた雪を払い、私の部屋に入ります。
 机の上には、本日届いた私宛の郵便物や宅急便が。
 これは、いつも妻が置いてくれているものです。

 外は雪が降るほど寒いというのに、
 宅急便の差出人を見て、心が暖かくなりました。

 話は昨年春に遡りますが、元フリーターの私としては中小企業診断士として、
 フリーターの支援をして、彼らのスキルを高めたいという気持ちがありました。

 そこでネットで検索したところ、フリーターやニートの
 スキルアップを支援しているNPOを見つけました。
 ただし、診断士が扱う科目の講義は無いようでした。

 一応、問い合わせてみたところ、
 話はとんとん拍子に進み、私も講師をすることになり、今に至ります。
 
 宅急便の送り主は、当該NPOの女性スタッフ一同で、
 配達日は2月14日に指定されていました。

 バレンタインデーに奥さん以外の女性から、
 チョコレートをもらったのは、随分久しぶりのような気がします。

 NPOの女性スタッフの方々、お気遣いありがとうございました。

 さて、ここまで書いて今日のブログの題名を考えたのですが、
 上手い題名が思いつきませんでした。
 「一同」「昨夜」ではどうもイマイチ、チョコにかけて「猪口」にするのも
 意味が伝わりにくい気がします。なので、今回の題名はありません。
 あしからず。
posted by 熱血感動型 at 09:20| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

魔法

 2年ほど前に、秋葉原で開催された研修を受講しに行きました。
 講義開始時刻が13:00からだったので、
 それまでに昼食を摂ろうとしたのですが、お昼時はどこも満席で、
 私は並ばずに入れるお店を探していました。

 そんなときに、路上でメイドさんを見つけました。
 聞くとメイド喫茶のビラを配っているとのこと。
 店内は空いているとのことでしたので、
 そのメイド喫茶で昼食を摂ることにしました。

 ひょんなことから私のメイド喫茶デビューとなりました。

 店内に案内された後、お勧めされるままに
 オムライスと食後のコーヒーを頼みました。

 「お待たせしました、オムライスです」
 出てきたオムライスにはケチャップがかかっていません。
 メイドさんが、ケチャップでオムライスの上の卵焼きに
 絵を描くのがしきたりなのだそうです。

 「何の絵を描きましょうか、ご主人さま」と聞かれ、
 「あ、何でもいいです」と答えた私。
 この「何でもいいです」という答えは当喫茶店では認められないそうで、
 昼食さえ摂れればいいと考えて入店した私は
 何だかだんだん面倒臭くなってきました。

 で、仕方なく猫の絵をリクエストして、やっと昼食にありつけました。
 あとは食後のコーヒーを飲んだら退散だ。

 「お待たせしました、コーヒーです」
 出てきたコーヒーを飲もうとすると、魔法をかけないと飲んではいけないのだそうです。
 「は?じゃ、魔法かけてよ」と言ったら、
 「ご主人様も一緒に魔法のポーズをとっていただきます」
 あ?マジかよ・・・orz

  メイドさんと2人で、両手でハートマークを作り(楽しんごのラブ注入の形ですね)、
 「ラブリン、ラブリン、美味しくなぁーれー黒ハート
 メイドさんと一緒にコーヒーに魔法をかけました。

 もともと、人前でバカになるのが苦手な私にとって、
 そのコーヒーはとっても苦かったです。。。

 昨日、一昨日と上京してきた両親と他愛もない話をしていましたが、
 これまで両親に一番ウケた話がこれでした。
posted by 熱血感動型 at 08:56| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

空港

 沖縄観光を済ませた私の両親が、実家の青森に帰る途中、
 私の自宅に寄りたいということで、昨日は羽田空港まで迎えに行きました。

 さて、旅行帰りの両親は荷物もいっぱいだろうし、
 電車を乗り継いで、私の自宅がある川越まで来るのは結構大変です。
 なので川越から羽田空港まで直通の高速バスで迎えに行きました。

 時間は電車とほとんど変わりません。
 運賃は数百円程度高いけれども、必ず座れる(乗車定員制)し、
 乗ってしまえば、終点までのんびりできるのが魅力です。

 反面、川越からは1日に6本程度しか運行されないので、
 時間に融通が利きません。
 両親が羽田に到着する12:45に間に合わせるには、
 本川越8:40発、羽田空港第1ターミナル10:45着の
 バスに乗らないといけません(1本遅らせると、16:35到着だって)。

 ということで、8:40発のバスに乗りました。
 連休の中日ということもあって、車内はガラガラ。
 いざ発車して高速に乗ると、道路もガラガラ。
 結局、到着予定時刻よりも30分以上早く到着してしまいました。

 ただでさえ時間に余裕があるのに、さらに余裕ができてしまいました。
 当初、空港内をブラブラしていれば、
 時間もつぶれるだろうと思っていたのですが、
 1時間ほどぶらつくと、歩くのもだんだん億劫になってきました。

 そんな中、空港ロビーには多くのソファーがありますが、 
 仕事をするには絶好のソファーを見つけました。
 人通りが少なく静かなだけではなく、入り口から遠いので暖かい。
 さらにサイドテーブルまでついている。

 まだまだぶらつき足りない妻と子供には引き続きブラブラしてもらって、
 私は、ソファーに腰掛け、カバンからPCとテキストを取り出して、仕事を始めました。 

 いざ始めてみると、気分なのか、体調なのか、
 それとも環境なのか、えらく仕事が捗りました。

 ということで、私のお気に入りの仕事場所がまた一つ増えました。
posted by 熱血感動型 at 16:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

降雪

 今日は朝から雪です。
 
 移動中の電車内で、このブログを更新しているわけですが、
 雪の影響による交通機関の乱れがないことを祈るばかりです。

 さて、雪国生まれ・雪国育ちの私としては、
 幼少の頃から、飽きるほど雪の日を過ごしてきました。
 (もっとも上京してきてからは、その機会はめっきり減りましたが)

 そんな中、忘れられない雪の日をひとつ挙げろと言われたら、
 迷わず20歳に体験した雪の日を挙げます。

 当時、都内のガソリンスタンドでバイトをしていた私ですが、
 その日は朝から雪が降っていました。
 スタンドで雪かきをしていた私は、徒歩でやってきた女性を見つけました。
 彼女は私と目を合わせると言いました。
 「あの、すぐそこで車が動かなくなってしまったんですけど」

 当時、車の知識がほとんどなかった私は、
 先輩アルバイトに報告に行きました。

 女性客、先輩、私で動かなくなった車両のところまで行きました。
 降りしきる雪の中、先輩がおもむろに車を点検し、
 バッテリーを交換したところ、車両のエンジンがかかりました。

 「これで大丈夫だと思います」と先輩。
 雪国の雪と違って、都内の雪は水分を多く含んでいます。
 びしょ濡れの先輩がめちゃくちゃ恰好良く見えました。

 作業料、部品代を頂戴した際、女性ドライバーが深々とお辞儀をし、
 「ありがとうございました。」と言ってくれました。

 この女性、対価を支払っているにもかかわらず、
 アルバイトである先輩と私にお礼を言った。

 当時の私にはちょっと衝撃的なシーンでした。
 立場や職種に関係なく、顧客の「困った」を解決できることの
 素晴らしさに気づかされた瞬間でした。

 あの雪の日以来、顧客の「困った」を解決し、
 顧客に対価以上の付加価値を与えることが、
 私の仕事の指針となっています。 
posted by 熱血感動型 at 09:22| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

期待

 先日、スポーツ用品店に行ったときに、e3グリップを見つけました。

 定価3,990円のこの商品、以前から噂は聞いていました。
 10pほどの棒状のものなのですが、
 これを握って走るだけで、体のゆがみが矯正され、
 ジョギングのタイム短縮になるのだそうです。

 実物を見たことで、今まで以上に気になってきたので、
 ネットでe3グリップの使用後の感想を検索したところ、
 多くの良い評価を見つけただけでなく、怪我の防止に役立つことも知りました。

 ジョギングを開始して3年、何度か怪我をしましたが、
 それは全て左足であったことを思い出しました。
 体がゆがんだまま走っているせいなのだろうか。

 体のゆがみが矯正され、怪我の防止ができる上に、
 タイムも縮まるのなら、ということで購入してみました。
 SN3N0002.jpg SN3N0004.jpg
 SN3N0005.jpg SN3N0006.jpg
 早速、今朝のジョギングで使ってみました。

 まず、走り出してから体が温まるまでの時間がいつもより短い気がしました。

 さらに、普段使わない筋肉が使われていたような気がしました。

 これは期待できそうです。

 どれくらいタイムが縮まっているんだろう。

 ちょっとワクワクしながら5qのコースを走り終えました。

 アームポーチから携帯電話を取出し、タイムを確認しました。続きを読む
posted by 熱血感動型 at 08:16| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

再開

 正月にボーリングでふくらはぎを痛めました。

 塗り薬やら、貼り薬やら色々試し、
 「よくなったかな」と思って、日常生活の中でちょっと走ってみると、痛い。
 またしばらく間をおいて、日常生活の中でちょっと走ってみると、痛い。
 先日は駅の階段を1段飛ばしで駆け上がろうとしたのですが、痛くて無理でした。

 というわけで、ジョギングはご無沙汰な日々が続いていました。

 さて、昨日は(今日もですが)1日自宅に籠って
 講義準備やら何やらをしていたわけですが、
 夜になり、ある程度準備の目途もついたので、
 そろそろ切り上げようか、と考えていたときに、
 家族から以下の要請がありました。

 今日、次男坊の縄跳びに使う縄が切れた。
 明日、次男坊は学校で縄跳びをするので、
 これから次男坊とスポーツ用品店へ行って、
 縄跳びの縄を買ってきてほしい。

 当該スポーツ用品店は自宅から車で10分弱の距離。
 「えー?」と思ったものの、しょうがないな、と車を出しました。

 スポーツ用品店そばの駐車場に車を停めて、
 店に向かう途中、青信号が点滅を始めたので、
 次男坊と走って渡ったのですが、ふくらはぎが痛くない。

 あれ?もしかしたら私のふくらはぎって、かなり回復している?

 その後、自宅マンションの階段を1段飛ばしで駆け上がってみましたが、
 やっぱり痛くない。

 もしかしてジョギングできる?

 迎えた今朝、約ひと月ぶりにジョギングをしてみました。
 通常のコースを、通常よりペースを落として走ってみましたが、
 ふくらはぎは大丈夫な模様です。

 もし縄跳びを買いに行っていなかったら、
 少なくとも昨日の時点では、ふくらはぎの回復に気付いておらず、
 今朝にジョギングを再開することはなかった。

 ひょんなところ、ひょんなことで回復を確認し、
 ジョギング再開となったわけですが、
 ひょんなところ、ひょんなことを意識的に
 チャンスと捉えていきたいものだと思いました。

posted by 熱血感動型 at 09:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

判断

 昨日、先輩診断士の方と話をしていて、蘇ってきた記憶がありました。

 十数年前の私は、
 産業カウンセラーの下でカウンセリングを受けていました。
 カウンセリングの勉強をしていたのではなく、
 自分の生き方に悩み、相談に乗ってもらっていました。

 その日のカウンセリングが終了すると、
 次回の日程は私が指定していたのですが、
 精神的にかなり辛い時期だったので、
 1週間に1度のペースで日程を指定していました。

 ペースも日程も決めるのはクライアントなんです。

 その後、カウンセリングの中で、様々な気づきや過去の整理が進んでいき、
 だんだん2週間に1回のペースでもいいかな、と思うようになっていきました。

 カウンセリングが進み、徐々に辛さが薄れていく中、
 その後1か月に1回のペース、半年に1回のペースと
 カウンセリングに訪れるサイクルが徐々に長くなっていきました。

 ある日、カウンセラーの先生に、
 「自分が日程を指定しておいて何なのだけれど、だんだんカウンセリングに訪れる
 サイクルが長くなっていくのは何故なんですかね」
 という質問を投げかけました。

 カウンセラーの先生は、
 「熱血さんが、判断できるようになったから」と答えてくれました。

 これまでの辛さは、自分で判断をすることができないから発生した辛さだったのだ、
 ということに気づかされた瞬間でした。

 当然と言えば当然なのですが、
 どうすればいいのか分からないから、人は悩み、相談をするわけで、
 どうすればいいのか分かっていれば、人は悩まず、相談もしない。

 どうすればいいのか分からないというのは、判断ができないからそうなるわけで、
 判断ができないのは、情報不足であったり、判断基準がなかったり、
 過去に囚われていたり、様々な原因があるわけです。

 そして、判断ができるようになれば、気持ちが軽くなっていくんですよね。

 これはコンサルティングの場でも言えることだと思います。

 コンサルタントとしては「クライアントさんの判断を助けるために」何をするか、
 というのがポイントなんですよね。
 逆に、コンサルタントがクライアントさんに代わって判断をしていくようでは、
 クライアントさんの成長を阻害するということです。
 
 コンサルタントはなぜ質問をし、なぜアドバイスをするのか。
 その目的をしっかり認識する必要があると思いました。
posted by 熱血感動型 at 10:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。