2011年03月09日

方向

 昨日、ひとつのヤマ場を越え、ホッとしたら
 ふと独立してからの、過去のことを振り返りたくなりました。

 2年前の3月15日は、私が開業届を提出した日ですが、
 実質的には、1月いっぱいで職場を去り、
 2月1日から独立診断士として活動をしていました。
 
 実質的に独立診断士として、3年目を迎えているわけですが、
 1年目は、自営業者としての仕事の仕方を覚えた時期、
 2年目は、仕事の幅を広げた時期、と言える気がします。

 野球で言うならば、
 1年目は、ボールの投げ方、捕り方や打ち方を覚えた時期、
 2年目は、色々な守備位置や打順を経験した時期、と言えるでしょう。

 当然ながら、1年目には1年目なりの厳しさ、
 2年目には2年目なりの厳しさがあるわけです。

 1年目は、これまで慣れ親しんていた企業内の生活から
 新たな生活となり、色々な意味で仕事の責任も大きくなったわけで、
 そんな状況に慣れることが大変でした。
 何カ月経っても体が「いつもと違う」と訴えているのです。

 さらに、創業前の事業計画を大きく狂わせる出来事もありました。

 それでも何とか初年度を乗り越えることができたのは、
 自分にとって大きな自信となりました。
 2年目になると、それなりの診断士としての動き方みたいなものが見えてきて、
 仕事の幅も広がりました。

 さて、迎えた現在3年目。
 小学校で言えば、低学年から中学年へと分類される時期。

 3年目も、もっともっと仕事の幅を広げていきますが、
 仕事の幅を広げるのは、3年目までと決めています。

 広げるだけ広げたら、自分の生きていく分野を絞って
 活動していきたいな、と思っています。

 とはいうものの、外部からの要望あっての仕事ですから、
 それとの兼ね合いも含めて、自身の方向性を決めていこうと思います。


posted by 熱血感動型 at 09:59| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。