2011年03月22日

会見

 まだ店長にもなっておらず、職場の2だった頃、
 私は一般社員やアルバイトさんなどの部下に対して本当に辛く当たる上司でした。

 「お前、明日から来なくていいから」「とっとと辞めちまえ」

 そんな台詞を日常茶飯事的に投げつけていました。
 今ならパワハラで訴えられてもおかしくない話です。
 
 しかし、不思議と職場のチームワークも良く、
 実績も上がっていき、私は店長に昇格しました。 

 店長になってまず感じたことは、店長が発する言葉と、
 職場の2が発する言葉は受け止められ方が違う、ということです。

 店長は職場の最高責任者ですから、店長が発する
 「お前、明日から来なくていいから」「とっとと辞めちまえ」は、解雇を意味します。
 本当に部下が職場に来なくなりますし、本当に部下が辞めます。

 店長になり、これまで2の立場で、いかに軽口を叩いていたかを痛感しました。

 とはいえ、店長が自身の発言のリスクばかりを考え、
 明確な言葉を述べることができないことが続くと、
 聞いている方としては、店長の本意が見えず、不信感を抱きます。

 さて、今回の未曾有の震災の中、政府・東電の会見を見ていると、
 発言のリスクをいかに回避しようとしているか、
 に意識が集中しているように見えました。

 それをはっきりと意識させられたのが、放射線が漂う中、
 原発に地上放水を行った東京消防庁の方々の会見。
 
 本当に大変な作業をやられたと思いますが、
 具体的かつ率直な会見は、見ている者に爽快感すら与えます。
 ここには、自身の発言によるリスクを回避しようという意識よりも、
 被ばくというリスクに立ち向かって来たという潔さがあります。

 政府・東電の会見と、東京消防庁の方々の会見を見比べて、
 人の心を打つプレゼンとは何か、ということを改めて考えさせられました。

 発言のリスクを回避するために言葉を選ぶことも大事です。
 しかし、人の胸を打つのは、リスクに立ち向かい、使命に裏打ちされた行動であり、
 その行動の結果から発せられる、率直な言葉なんですね。


posted by 熱血感動型 at 06:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。