2011年04月24日

飴達

 夜、時間があるとYouTubeを観ながら、お酒を嗜むことがあります。
 そんなときに観るのは、昔のアイドルが歌っている動画がほとんどです。

 家族からは「お父さんの懐メロタイムが始まった」と言われます。

 そのお父さんの懐メロタイムで、再生頻度の高いアイドルといえば、
 やっぱりキャンディーズなんですね。

 彼女達が人気絶頂の頃、私は小学生でした。
 熱狂的なファンだったわけでもないし、
 レコードも「アンドゥトロワ」と「わな」しか持っていません。
 当時の私は、彼女達の引退も特別惜しいとも思いませんでした。

 ただ、歌番組にバラエティ番組にと、よく出演していたので、
 テレビを通じて、日常的に触れ合っていた印象があります。
 そして接触頻度の多さから、親しみを感じるようにもなっていました。
  
 彼女達が引退して数年が経ち、私は高校生になっていました。
 ある日、キャンディーズのベスト盤のLPレコードを借りて、
 カセットテープに収録する機会がありました。

 それ以来、彼女達の歌を頻繁に聞くようになり、
 感じていた親しみが大きくなっていきました。
 ちょうど男女関係に目覚めた時期でしたから(遅かったかな)、
 彼女達の歌が、私の心とマッチするようになったのだと思います。
 
 特に「哀愁のシンフォニー」は私のお気に入りでした。

 「食べちゃいたいほど可愛い」ということで名付けられた「キャンディーズ」。

 その元メンバー、スーちゃんこと田中好子さんが先日亡くなられました。
 今日がお通夜、明日が葬儀とのこと。心からご冥福をお祈りいたします。

 時代を創った人がまたひとり、天へ召されました。悲しい。。。
  


posted by 熱血感動型 at 09:02| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。