2011年04月28日

空間

 昨日、アポとアポの間が大きく空きました。
 そこで喫茶室ルノアールで3時間ほど仕事をしていました。

 電源が使えるカフェは、色々なところにあるけれども、
 私はルノアールがお気に入りです。

 混雑のせいで並んだり、座れなくて困るということも少ないです。
 スペースがゆったりとってあり、上着やカバンの置き場に困りませんし、
 隣の人に変な気を使わなくて済みます。
 おしぼりは紙じゃなく、分厚い布製のものですし、
 ドリンクの他にお茶がサービスで出てきて、
 長居をして居心地が悪くなるような雰囲気もありません。

 さらには、どこの店舗に入っても上記メリット・サービスの提供がなされます。
 同じチェーン店でこうも違うのか、ということがありません。
 ちなみに、ルノアールはフランチャイズ・チェーンではなく全店直営なんですね。

 ルノアールで仕事をしていると、色々な方を目にします。
 明るいうちからビールを飲む女性、名刺交換をするビジネスマン、
 新聞に読みふける年配の方、商談を進める男性、ぐっすりと眠る人、
 そして私のようにPC作業に没頭している人などなど。

 他のコーヒーチェーンやファストフードでは、
 店内顧客の行動の多様性は、ここまで広くはない気がします。

 化粧品会社が化粧品を提供するのではなく、「美」を提供するように、
 電動ドリルメーカーがドリルを提供するのではなく、「穴」を提供するように、
 ルノアールが提供しているのは、ドリンクではなく
 「その人が目的を達するための空間」なんですね。

 その人、その企業の目的達成のためにお役に立ちたいという意識は、
 コーチやコンサルと通じるものがあると思いました。


posted by 熱血感動型 at 06:21| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。