2011年06月19日

相談

 私が独立して間もない頃、独立系の先輩診断士から伺った話です。

 その方は、後輩の企業内診断士から独立の相談を受けると、
 「独立は止めた方がいい」と答えることにしているのだそうです。

 そして、この方が独立を勧めない理由の一つとして挙げていたのは
 「失敗させたくない」というご自身の想いの存在でした。
 
 もし、独立を勧めたとする。そして相談してきた本人が独立をしたとする。
 自分が後輩診断士の独立を後押しした以上、失敗はさせたくない。
 なので、これまでは、独立したての後輩が食えるように仕事を出すようにしていた。
 ところがそのような経緯で独立する診断士が増えてくると、
 ひとりひとりに出せる仕事も少なくなってくる。

 独立した本人は、本人なりに頑張っているのは分かるが、
 独立当初は、いかんせん実績がないから思うように仕事がとれない。
 「仕事を出す」という形で彼らのフォローを手厚く出来ない現在は、独立は勧めない。
 
 ところが、独立は止めた方がいいと言っているにも関わらず、
 独立してしまう診断士もいるのだそうです。

 「実は、そういう人こそ独立するべきなんだよね」と笑って言っていましたが、
 まさしくその通りだと思います。

 先日、公的機関の窓口で創業の相談を受けて、やはり感じたのですが、
 独立しようかするまいか迷っているうちは、独立はお勧めしません。
 というか、お勧めできません。
 迷っている時期は、機が熟すまで、つまりどうしても独立したいと思える日まで、
 準備をするべきなのだと思います。

 言い方を変えると、準備が整っていないから迷うのでしょう。
 その準備は、心の準備だったり、事業計画だったり。

 野球のバッターに例えると、迷いのあるバッターのバットスイングよりも
 迷いのないバッターのバットスイングの方が力強いわけで、
 結果が思わしくなくても、迷いのないスイングをしたバッターの方が、
 結果に対する納得度が高いのだと思うのです。 


posted by 熱血感動型 at 07:22| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。