2011年08月21日

出身

 昨日の夏の高校野球決勝戦、 試合開始前から試合終了まで、
 テレビの前でじっくり観戦してました。
 青森県代表の光星学院は準優勝という結果を得ました。

 あと1勝で優勝できた。優勝したかった。
 多感な時期の選手達にとっては、11対0という大敗の屈辱だとか、
 エラーをしたことへの後悔だとか、今は悔しさや空しさでいっぱいだと思います。

 泣くだけ泣いたら、後悔したいだけ後悔したら、
 青森県勢として42年間、誰もなしえなかった決勝に進んだことに
 思いを馳せて欲しいと思います。
 今回の光星学院が成し遂げたことは偉業なんだと。

 今回の準優勝は、青森にとって明るいニュースです。
 
 さて、今回の(も?)光星学院は、ベンチ入り選手18名のうち、
 10名が大阪、沖縄、和歌山など他県出身という布陣でした。
 
 実際問題、監督、選手へのインタビューで、
 彼らが青森訛りではなく関西訛りで話しているのを見ると、
 興ざめしてしまうのも事実なわけです。

 また、地元からの寄付が集まりにくいということもあるようです。

 とはいえ、私のように故郷から遠く離れた地で暮らしていると、
 故郷の学校が活躍しているとなると、
 そのメンバーの出身がどうであれ、やっぱり応援してしまう。

 本当は、地元の監督、地元の選手だけの布陣で、
 優勝できれば一番良かったのだろうけれど、
 何事も完璧を求めちゃいけないと思うのは、私だけだろうか。 


posted by 熱血感動型 at 06:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。