2012年01月14日

姿勢

 平成19年12月7日。診断士2次筆記試験の合格発表がなされました。

 そこに、あるはずのなかった私の受験番号がありました。
 これを受け、6年間の受験生活(1次試験5回、2次試験2回)が
 終わったことをブログに書きました。

 ありがたいことに多くの方から祝福のコメントをいただきました。

 あれから4年が経過しました。
 ブログも受験日記ではなくなり、更新頻度も毎日ではなくなりました。
 
 そんな中、つい先日の話です。
 平成19年12月7日のブログ記事に「おめでとう」というコメントが入っていました。

 コメントを下さったその方は、
 8年の歳月を費やし今回、診断士試験に合格し、
 ようやく心から当時の私を祝福しようと思えるようになったので、
 コメントをしてくれたとのことでした。

 また、5年前に受験生だった私は某受験予備校に通っていましたが、
 当時、私と同じ予備校に通っていたという方から、
 今回、診断士試験に合格したというコメントをいただきました。

 どちらの方も面識はありません。
 なのに、ずっと私のことを覚えてくれていて、
 合格のご報告をしてくれました。

 近年、情報機器の進展とともに、ひとつひとつの出来事や、
 その情報、人間とのつながりが軽くなっていっているように思えてなりません。

 そんな中、面識のない私のことを何年も覚えてくれていて、
 合格の報告や、当時の私への祝福メッセージを贈ってくれる、
 その真摯な姿勢に心が温かくなりました。 


posted by 熱血感動型 at 07:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。