2012年01月25日

価値

 昨日の午前中は、経営革新計画の申請に行ってきました。

 雪の影響で交通機関のトラブルがありましたが、
 無事申請ができ、承認される感触も得ることができました。

 今回申請をした企業様の支援を始めたのは昨年11月でした。
 
 新たに取り組みたいことが明確になっている企業様が、
 経営革新計画を作りたい・申請したい、というケースは、
 経営者の方の頭の中を整理して計画書に落とせば事足ります。

 今回は、新たな取り組みを何かしなければいけないのだが、
 何に取り組めばよいのかどうもわからない、というケースでした。

 昨年11月より面談を繰り返して、経営者の気づきを促したり、
 こちらから提案をしたりなどをしていくうちに面談2回目で
 新たな取り組みの方向性が見えてきました。

 この方向性が見えたときの、経営者の方のハッとした目が忘れられません。
 このような目を見る度に、診断士として独立して良かったと思います。

 さて、昨日の経営革新計画の申請が終了し、
 ちょっとお茶しようということで経営者の方、
 商工会議所の方、私の3人で喫茶店に入りました。

 コーヒーを飲みながら、計画の修正箇所についてだとか、
 当該企業様の今後の活動の留意点などを話していると、
 経営者の方がこんなことを言ってくれました。

 「私にとっては、経営革新計画の承認を得る価値よりも
  経営革新計画を作成するまでにいただいたアドバイスの方に大きな価値がある」
 
 このように言ってくれるとは、本当にありがたいことです。


posted by 熱血感動型 at 07:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。