2012年12月29日

納得

 個人事業主として4回目の12月が終わろうとしています。 
 それは4回目の決算期を迎えたことを意味しています。

 先ほど数字を固めましたが、
 今年は、やっと会社員時代の年収を
 個人事業主としての利益が上回りました。

 4年目でやっとそんなレベルか、と笑う向きもあるかもしれませんが、
 まぁ、私らしい歩みだなぁという感じです。

 さて先日、独立して15年の女性診断士の方とお話する機会がありました。
 彼女に比べたら私はひよっ子なわけで、色々なお話をさせていただきました。

 その中で仕事の請け方の話になりました。

 我々の仕事の請け方として、
 支援企業から直接依頼を請ける「直請け」と
 支援企業がコンサル会社などに発注し、
 コンサル会社から依頼を請ける「下請け」があります。

 直請けは、中抜きがない分、報酬は多い。
 ただし、営業活動を始め、受注後の作業まで
 何から何まで自分で準備する必要があります。

 下請けは、間に入ってくれるコンサル会社が、
 営業もしてくれますし、様々な準備もしてくれる。
 半面、一定の報酬は引かれます。

 そんな中、お話させていただいた先輩は、
 「謝金の半分を取られてもいいから下請けで行くべき」
 と即座に答えられました。

 直請け、下請けのどちらが良いか、正しいかということよりも、
 ご自身の仕事の請け方が明確になっていて、
 それに対する迷いの無い点が凄いなと思いました。

 「何が正しいのか」よりも、「何に自分は納得するのか」が大事な気がします。
posted by 熱血感動型 at 16:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。