2008年08月13日

弱点

 先日、yahoo動画版「あしたのジョー2」全47話を買ってしまいました。

 きっかけは、第1話から8話までの無料視聴キャンペーンでした。

 (現在はこのキャンペーンは終了しています)

 8話まで子供と見終わって、迷わず購入を決めました。

 最近では、夜になると子供が「ねぇー、ジョー観ようよー」とせがんできます。

 ジョーは世代を超えた人気がありますね。


 この番組がテレビ放映されていたとき、私は学生でした。毎回欠かさず見ていました。

 当時はジョーのハングリーな生き様や不良っぽさに憧れていました。

 それから20年以上経った今は、

 ジョーの倒れても倒れても立ち上がる不屈の闘志に憧れます。

 さらには、ジョーはただ単に強いだけではありません。

 ジョーは相手ボクサーと戦うだけではなく、トラウマを抱えた自身とも戦います。

 悩み、苦しみ、そして克服していきます。

 強いだけではなく、弱さを描いたところが視聴者の共感を得るのだと思います。

 
 誰しも自身の弱点は人に見せたくないものですが、

 自身の弱点から目をそらしてはいけないと思うのです。

 弱点を客観的に認識し、対策をとらないと、本試験で足下をすくわれます。

 上位20%に入るには、大崩れしてはいけないのです。

 大崩れする要因は自身の弱点に起因します。

 弱点をつぶすのではなく、弱点は弱点として、それをどう補うか、

 の観点から対策を練る必要があります。


 私は、事例Wが弱点でした。

 よくよく分析すると、後半の計算問題(H19であれば投資の問題、

 H18であればCFの問題)を取りこぼします。

 ですので、第1問の経営指標の問題は必ず得点できるようにしていました。


 また、事例Uは点数が安定しないという弱点を持っていました。

 事例Uは解答として何でも書けますが、私が事例Uで失点するパターンは、

 何でも書けるが故に与件から離れた解答を書くときでした。

 ですので、絶対に与件から離れた解答を書かないように演習を繰り返しました。

 
 弱点はその人の持ち味です。繰り返しになりますが、弱点をつぶすのではなく、

 弱点といかに付き合うかを考えると【ナイスな】結果になると思います。


 


posted by 熱血感動型 at 15:34| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は私も、「あしたのジョー」はもっとも愛する漫画の一つです。今から10年以上前、漫画本をたくさん持っていましたが、その時購入した「あしたのジョー」ハードカバー愛蔵版だけは大事にとってあります。

 今、読み返す時間はありませんが、覚えている限りのところ、特に精神的な面で参考したいと思います。
Posted by Cota at 2008年08月13日 21:59
Cotaさんもあしたのジョーのファンでしたか。
私もジョーの単行本持ってましたが、どこへ行ったのやら。。。
Posted by 熱血感動型 at 2008年08月14日 05:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。