2008年08月16日

評価

 多くのブロガーに受験生最後の日の書評(それも良い評価が多い)をUPしていただき、

 本当にありがたく思っています。嬉しいです。

 
 さて、つい数時間前に2泊3日の旅から帰ってきました。

 やはり、雨にたたられましたが、20年ぶりの海水浴もできましたし、

 宿では持ち込んだ花火もできました。

 宿泊先は、2泊目は旅館に、1泊目はホテルに泊まりました。


 2泊目の旅館は、比較する対象として1泊目のホテルが存在します。

 従業員の対応にしても、温泉の質にしても、料理にしても、

 1泊目のホテルを基準に良し悪しを感じてしまいます。

 つまり、旅館に対する評価にバイアスがかかり、主観が入ります。


 それに対し私の場合、1泊目のホテルの比較対象は前々年に泊まったホテルであり、

 比較対象の記憶がかなり薄れています。

 なので、評価に対するバイアスが非常に弱い状態であり、

 比較的、客観的な評価をすることができます。


 問題は、自身にバイアスがかかることではなく、

 自身にバイアスがかかっているかどうかを認識できるかどうか、です。

 
 バイアスがかかっているかどうかを点検するには、客観的かつ冷静でなければならず、

 このことは、2次試験において特に大事なことだと思います。


 なぜなら、2次試験受験者はこの2次試験さえ突破してしまえば、

 事実上、中小企業診断士になれるからです。

 そのことは、その人に企業の診断を行う資質があることを意味します。

 
 診断先の中小企業経営者に、

 主観的な分析に基づく、主観的な助言をしてしまう可能性のある人を

 中小企業庁なり診断協会が合格させるでしょうか。


 私の経験上、本試験の日だけ客観的かつ冷静になることはできません。

 日頃の訓練がモノをいうと思います。

 それは机の上の事例演習だけではなく、仕事の進め方や家族サービスでも

 十分に訓練できることだと思います。


posted by 熱血感動型 at 15:41| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
遅ればせながら、熱血さん編の書評をアップしてみました。よろしかったら、ご覧ください。
http://goldlefty.blog54.fc2.com/blog-entry-403.html
Posted by 同期のブーちゃん at 2008年08月18日 09:20
同期のブーちゃんさん
書評を書いていただいただけではなく、わざわざコメントをありがとうございました。
書評をそれぞれのドキュメントごとにいただけることは、とてもをありがたく、今後の執筆においても役に立ちます。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2008年08月18日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。