2008年09月23日

情報

 今度の日曜日にスキルアップ研修を受講してきます。

 その事前準備として、バイク用品業界について調べています。

 
 その過程で知ったのですが、私がバイク野郎だった約20年前に比べ、

 国内全メーカーの二輪生産台数が4分の1まで落ち込んでいるようです。

 よく通った上野のバイク街もかなり寂しくなってきているようで、

 バイク用品のデパートだったD'sはなくなり、コーリンは倒産したそうです。

 私自身の認識は「最近、バイクの走っているシーンを見かけなくなったな」程度でした。


 私がバイク野郎だった時期はレーサーレプリカブームでした。

 ヤマハのFZ250PHAZER、RZ250R、

 ホンダのCBR400RRを乗り継いできました。

 毎朝峠を流しに行ったり、東京から実家のある青森間のツーリングなどもしました。

 ツーリング用に皮ツナギ、街乗り用にジャケット&革パンツなどをそろえたのも

 懐かしい思い出です。


 過去あれほど入れ込んでいたバイクライフでしたが、

 いったん離れてしまうと、本当に何も分からなくなってしまうのですね。

 バイクに対するアンテナがずっと引っ込んでいました。

 
 アンテナの重要性について、ドラゴン桜に書いていましたが、

 朝起きて「今日は赤いものに興味を持とう」と決めたとします。

 すると、街を歩いていると赤いものが勝手に目に飛び込んでくる、というのです。

 普段、赤いものの情報を得るべく、アンテナを立てていないから見えないだけで、

 アンテナを立てると勝手に向こうから目に飛び込んでくる。 


 昨日、ノウハウの重要性について書きました。

 ノウハウは独自で開発する場合もありますが、

 私の場合は、もっぱら情報収集から得られたものでした。

 知識については、テキストの勉強でどうにかなりますが、

 ノウハウについては、情報戦だと思います。

 そのためにも、アンテナは立てるだけではなく感度も磨いておきたいところです。



posted by 熱血感動型 at 08:12| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血感動型さん

こんにちわ!
私も20代前半までバイク乗ってましたよ〜w
私の場合はどっちかというとヤン車っぽいやつで。
HONDA SuperFour400とかYAMAHA RZ250に乗って
ましたw

その後、レーサーレプリカに憧れたけど
結局、所有するには至らずでしたなぁ。
Posted by Dぴょん at 2008年09月23日 18:32
私の時代のヤン車(私たちはゾク車と呼んでいました)系は、ホンダのシビクス(CBX)、シビル(CBR)、ヤマハのペケジェイ(XJ)あたりでした。
このようなノンカウルはレプリカにない味がありますよね。
Posted by 熱血感動型 at 2008年09月24日 07:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。