2008年11月07日

準備

 昨夜のプロ野球日本シリーズ第5戦は、西武が負けてしまいました。

 これで今シリーズ、今のところ西武の2勝3敗。あとがなくなりました。

 ご存知の通り日本シリーズは、7戦制で先に4勝すれば優勝です。

 4勝0敗で勝ってもOKですが、4勝3敗で勝ってもOKです。

 
 3回の敗北も4回の勝利でカバーできるのです。

 
 私は昨年の2次試験事例Wで大きなミスをし、

 他の事例で失点をカバーできている確信もなく、不合格を確信しました。

 ですので試験終了後は何もする気が起こらず、

 合格発表までの約1か月半、本を読んで過ごしていました。


 実際、私の再現答案を「ふぞろいな合格答案」の基準で採点すると、

 やはり事例Wで60点を切っていました。

 しかし、予想外に他の事例でカバーできていました。

 で、筆記試験で合格したはいいものの、口述対策を一切やっていなかったので、

 口述の準備はかなり焦りました。


 昨年の私と同様に、今年の2次試験で、

 事例Wがボロボロで、他の事例で失点をカバーできている確信もない、

 という話をよく聞きますが、実際は合格発表という、ふたをあけるまで分かりません。

 ですので、今のうちから、のんびりしながらでいいので、口述対策は進めておくと、

 筆記合格後にかなり楽になると思います。

 もし不合格でも、その経験は翌年以降の口述試験に必ず役に立ちます。

 口述試験はある意味、圧迫面接です。すっごくプレッシャーがかかります。

 ですから、経験や準備の差が大きく出るからです。



posted by 熱血感動型 at 08:59| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。