2008年11月25日

発言

 先日の社内会議での、ひとコマ。

 ある方が、

 「武田信玄が、鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス、と言ったじゃないですか。

 その精神が大事なんだと思います」

 と発言しました。


 会場に「???」の雰囲気が流れました。


 上司が一言。

 「それ武田信玄じゃないでしょう」


 すかさず私が、

 「そうですよ。織田信長ですよ」


 ん?違った、豊臣秀吉だった。。。orz

 
 迂闊にも、うろ覚え状態で発言をし、失敗しちゃいました。

 社内の会議なら笑い話で済みますが、

 診断先に対し、コンサルとしてうろ覚え状態で発言などしていたら、

 大変なことになりますよね。

 軽はずみな発言は慎もうと思った次第です。


 そもそも、鳴かないホトトギスの句は、武将の発言ではなく、

 それぞれの武将の性格を言い表したもの。

 「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」→織田信長

 「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」→豊臣秀吉

 「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」→徳川家康


 ちなみに、

 「鳴かぬならそれもまたよし、ホトトギス」by松下幸之助 

 これはご本人が発した言葉のようです。


 最後に。

 「鳴かぬなら代わりを探そう、ホトトギス」by熱血感動型


posted by 熱血感動型 at 08:26| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「鳴かぬならムチで叩くぜホトトギス」byウチの元上司
Posted by ペパチェ at 2008年11月25日 18:48
「鳴かぬなら違う鳥かもホトトギス」(意:あいまいな知識と優柔不断な私・・・)
Posted by NOA at 2008年11月26日 05:28
ペパちゃん、ムチで叩くその上司の方が、ミニスカスーツ&メガネを装着したら、ペパちゃんの好みにぴったりじゃないですかw

NOAさん、「曖昧さと優柔不断」が日本人の奥ゆかしさを醸し出しているのだと思います。私は肯定的に捉えたいと思っています。
Posted by 熱血感動型 at 2008年11月26日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。