2008年12月25日

個性

 昨日は、本業がオフだったので、午前中だけ診断士の活動を行ってきました。

 今年、診断士として出かけるのはこれでお仕舞いです。


 午後は子供たちのクリスマスプレゼントを買いに行ってきました。

 例年は、もうちょっと早めに準備するのですが、
 
 今年は、なかなか時間が取れず、ギリギリでの準備となりました。


 我が家の子供たちは、毎年、私にサンタクロースあての手紙を持ってきます。

 「これ、サンタさんに届けてくれる?」

 手紙に書かれているのは、今年のクリスマスプレゼントのリクエスト。

 サンタクロースの存在を信じているふりをしているのか、

 本当に信じているのかは、わかりませんが。

 
 私は毎年、彼らのリクエストの他に、彼らに読んで欲しい本を一緒にして

 プレゼントすることにしていますが、

 今年は、「読んで欲しい」本ではなく、彼らの「個性を伸ばせる」本を選びました。

 おとなしめの長男坊には「頭のよくなる本」、
 
 活発な次男坊には「北島康介からのメッセージ」を。

 
 「読んで欲しい」本を贈ることは、子供の悪いところを改善させようと、

 なんとなく親の側の都合を押し付けている気がしたのです

 (それはそれで必要なことかもしれませんが)。

 今回「個性を伸ばせる本」を贈ることで、彼らの長所も短所もひっくるめて、

 より自分らしく生きてほしい、というメッセージを込めたつもりです

 (これはこれで親の都合を押し付けているのかもしれませんが)。


 事例演習の解答作成においても、

 「悪いところを改善しましょう」というスタンスで書いた解答と

 「良いところを伸ばしましょう」というスタンスで書いた解答では、

 与えるメッセージが違う気がします。


posted by 熱血感動型 at 08:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。