2008年12月31日

独立

 今年も今日でお終い。本当に1年って早いです。

 そして、今年は特別早かった気がします。


 今年、診断士として強く印象に残ったことは、

 @登録直後、先輩診断士に鼻っ柱を折られたこと

 A書籍を出版できたこと、

 B初めて講師の仕事をして、大きな気づきを得たこと

 でした。


 @について
  
 やはり、合格したということで、当時は相当いい気になっていたわけです。

 そんな中、先輩の前で模擬講義を行いました。

 フィードバックはかなりキツかったです。

 いい気になっていただけに、これは堪えました。

 でも、この件がなかったら、私の成長はそこで止まっていた気がします。


 Aについて

 H17年2次試験ドキュメントはオレユニさんのブログにありますが、

 私は、受験生時代に何度も何度もこれを読んで、当日のイメトレを繰り返しました。

 ですから、私も合格後ドキュメントをブログにアップしようと思っていたのですが、

 それが書籍になるとは思ってませんでした。

 企画発案のオレユニさん、企画をブラッシュアップしてくれたnetplusさん、

 そして、書き手がいなかったH18ドキュメントを書いてくれたぺパちゃん、

 購読してくれた皆さんに感謝感謝、です。


 Bについて

 これは私にとって、今年一番の出来事です。

 講師の仕事をした帰り、駅のホームでひとり電車を待っていました。

 どうしても、担当した講義の内容が頭の中を巡ります。

 「自分は診断士である前に、講師である前に、

 人間として、人さまに話ができる人間か?」

 と思った時、頭をぶんなぐられた気がしました。



 もっともっと人間力をつけなければ、と心から思いました。

 その瞬間から私の生き方・在り方が大きく変わった気がしてなりません。


 あの日、私は駅のホームで、過去の私から「独立」したと思っています。


 今年1年間、多くの方にリアルでもバーチャルでも、本当にお世話になりました。

 Give&Takeと言いますが、皆さんからいただく(Take)ばかりで、

 私の方から与える(Give)ことが少なかった気がしてなりません。

 来年はその辺の反省も踏まえ、戦略も持ちつつ活動していこうと思います。

 本当に1年、ありがとうございました。


posted by 熱血感動型 at 08:41| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さん、こんにちは。ブログでコメント差し上げるのはお久しぶりかもしれませんね(^^)

熱血さんはリアルでもこのブログでもたくさんのGiveをされていると思いますよ。現に熱血さんに感動して涙している人を何人か知っています。熱血さんの熱さ、ひたむきな努力、謙虚さ、そして必ずやり遂げる執念、これらがとても感じられて人の心も熱くさせるのだと思います。

「人間力」は私にとっても課題です。おそらく一生の課題でしょう。常に謙虚さと微笑みを忘れずに、私も人間力をつけなくてはと思っています。

長くなりましたが、2009年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by NANA at 2008年12月31日 11:54
私は「強引であることの大切さ」をgiveしていただきました(嘘)。
今年1年、いろいろとやれて楽しかったですね。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by ペパチェ at 2008年12月31日 22:54
NANAさん、ブログ上ではお久しぶりですね。
GiveもTakeも定量的なものではないので、感覚的にやはり私はTakeが多かったんじゃないかなぁ、と感じています。でも、NANAさんがおっしゃるように、もし私が人に感動を与えることができていたとしたら、ちょっと嬉しいですね。
NANAさんには、研究会だけではなく、個人事業主の社会保険料算出についても大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いします。

ぺパちゃにもお世話になったなぁ。特に研修チームのメンバーとして、私の研修案にたくさんアドバイスをいただき、ブラッシュアップに寄与していただきました。
来年はもっと一緒に色々やりたいですね。
今年もよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2009年01月01日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。