2009年01月27日

行間

 先日のブログ記事にしましたが、

 土曜日に小4の次男坊と映画館に行ってきました。

 当日、私は研究会、妻は仕事で、二人とも朝から出かけていました。

 
 私が帰宅した時点でお昼を回っていたのですが、次男坊は、

 妻が作っておいた朝食を食べ残しており、さらに昼食は手つかずでした。

 次男坊は、もともと食が細いので、私はあまり気にしませんでしたが、

 少し咳をしていたのが気になりました。


 具合が悪いのなら、映画に行くのは止めようか?と訊きましたが、

 具合は悪くないとのこと。

 じゃ、昼食をしっかり食べたら出掛けようということにしたら、

 しっかり食べましたので、具合は大丈夫と判断し、出掛けることにしました。

 
 実は、次男坊、ウォーリーを観たいがために、

 朝から37度台の熱があることを私に隠していたのです。

 映画から帰ってきてから、さらに熱が上がり、昨日病院に行ったところ、

 インフルエンザでした。。。


 独立したら、絶対に体調を崩せないのに、うつされたらどうしよう。。。

 ウォーリーじゃなく、感染列島でもを観せときゃよかったかなぁ(?)。


 よく与件文の行間を読め、と言われますが、子供の体調は読み切れませんでした。

 今後の対策として、今まで以上に、病気に対して、慎重かつ敏感になります。

 具体的には、インフルエンザ流行時に子供が咳をしていたら、目の前で体温を計らせ、

 37度以上の体温があったら外出は控えさせます。

 (受験生の方が、この4行の行間を読んでくれたら嬉しいです)


posted by 熱血感動型 at 08:25| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。