2009年03月17日

酩酊

 先日、東松山でオフ会をしたときの話です。

 宴席が終わり、6人で電車に乗りました。

 このとき、私はかなり酔っていました。

 車中でワイワイガヤガヤ話していましたが、

 自宅最寄駅のA駅で私1人下車し、帰宅の途につきました。

 翌日、他の5人の方たちのブログを読むと、

 A駅の次のB駅で降りて、2次会を楽しんだという記事がありました。


 え?私抜きで2次会?なんで〜


 数日後、研究会でぺパちゃんに会ったので、

 「何でオレ抜きで2次会行ったのよ」と聞いたところ、

 「熱血さんが『B駅で2次会やろう』って言ってたじゃないですか」

 へ?ホント?全然覚えてないし。


 最近、お酒を飲むと、酔いが早く回ります。さらに深く酔ってしまいます。


 昨日も飲み会でしたが、やはり早々に深く酔ってしまいました。

 昨日のメンバーは私含め独立診断士3人。

 下請けの仕事だけでなく、自分で仕事を創っていきたい、という考えから

 3人で何かやろうよ、ということで集まりました。

 語れば語るほど、皆の想いがほとばしります。

 しっかり、今後の行動計画も話し合いました。


 私は、普段あまり飲まないホッピーを飲ってましたが、いやぁ、美味かった。

 深く酔った私はヘロヘロ状態で帰宅しました。

 やっぱり、疲れているのでしょうか。

 この程度の業務量で疲れてなんかいられない、と思うのですが、

 インディアンのように、体は嘘をつかないですね。


posted by 熱血感動型 at 08:59| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
当日、B駅で2次会に行こうといったのが熱血さんだったのか、他の人だったのかは記憶が定かではありませんが、A駅で「じゃねー」とサクッと降りていかれたのは間違いありませんw。

まー、疲れというのは、ご存知の通り、肉体だけの疲れではありませんから、、、

気付かれも深酔いを加速する要素となっているのかもしれませんね。

自愛で書かれたように、身体と心が新しい環境に一生懸命なじもうとしているのですから、しょうがないのでは?

とにかく、無茶せずに休息を多めにとってくださいまし。

ではでは。
Posted by madmax at 2009年03月18日 00:11
madさん、私は、東松山オフの帰りで、電車内の記憶がほとんどありません。
やっぱり疲れていたんですかね。
Posted by 熱血感動型 at 2009年03月18日 07:47
気の許せる仲間と飲んだときはやっぱりすぐ酔いが回ってしまいますよね。

自分も、あまり機会がありませんが偉い人たちや結婚式のスピーチ(出しもの?)が控えているときなどはいくら飲んでも酔えません。

でも「疲れ」であれば、時には休養も。。。

〜なんて、エラそうにスイマセン。
Posted by Cota at 2009年03月18日 23:16
Cotaさん、コメントありがとうございます。

私も一度、友人代表でスピーチをしたことがありますが、
酔えませんでしたね。

ご助言いただいたように、
たまには、ゆっくり休養をとる日を意図的に設けようと思います。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 熱血感動型 at 2009年03月19日 07:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

逆に考えるんだ。
Excerpt: 小売りの販促について書かれたある本に「カロリーメイト(チョコ味)」の事例があった。 それはカロリーメイトを「チョコ味の栄養食品」として売るのではなくて「ヘルシーなチョコ」として売る、というも..
Weblog: 中小企業診断士ペパチェの議 〜2nd Season〜
Tracked: 2009-03-20 10:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。