2009年04月25日

秀逸

soratobutire.jpg空飛ぶタイヤ 池井戸潤著

 今日はこれから合宿です。準備もしなければならないし、
 ブログも更新したいし、メールの返信もしなければなりません。
 でも、この本、昨日の夜の時点で、読了まであと数ページとなっていたので、
 ついさっき読了してしまいました。

 実際にあったリコール隠しの企業を題材にした企業小説でありながら、
 直木賞候補になった点が気になって、読み始めた作品です。

 登場人物の心理描写が秀逸です。ついつい感情移入していしまい、
 ウルッと来てしまったシーンもありました。
 読者の共感を得る表現力だけでなく、ページをめくる手を止まらなくさせる、
 物語の構成力がすごいなぁと思いました。

 私は、現在、ビジネス系書籍出版の企画書を作成している最中ですが、
 忙しさにかまけて、作成が中途半端な状態になっています。
 こういう読者の心を掴むことのできる秀逸な作品、書いてみたいです。


posted by 熱血感動型 at 07:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。