2009年05月17日

使命

kisekinorinngo.jpg奇跡のリンゴ 石川拓治著

 昨日、読了しました。

 私はリンゴの産地、青森で生まれ育ちましたが、
 リンゴ農家の人が農薬を散布している姿をよく見ていました。

 農薬を使わないとリンゴはできません、という常識に挑んだ、
 木村秋則氏の生き様を書いた本です。

 彼は、無農薬でリンゴを栽培しようとチャレンジしますが、
 貧困と軋轢に苦しみ、自殺まで考えます。

 そうまでして、なぜ無農薬リンゴにこだわったのか。

 使命感を持った人の強さがにじみ出てくる本でした。



posted by 熱血感動型 at 09:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さま

おはようございます。
無農薬りんごを食べたことがあります。
そのりんご作りにかけた心が伝わる美味しさを感じますね。
おすすめです。
Posted by apple at 2009年05月17日 09:55
「apple」さんがお勧めするリンゴですから、
本当に美味しいんでしょうね。
Posted by 熱血感動型 at 2009年05月18日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。