2009年05月28日

健康

 会社を辞めて独立をする際に、それまで加入していた会社の健康保険を
 国民健康保険に切り替えるのが普通だと、ずっと思っていました。

 今年2月に会社を退職するにあたり、
 会社の健康保険の任意継続制度(任継)というものを知りました。

 加入していた健康保険を退職後2年間、継続して使える制度です。
 
 保険料はそれまで払っていた額よりも上がりますが、
 任継にした場合と国保にした場合の保険料を比較した結果、
 任継の方が安かったので、そちらにすることにしました。

 意味合い的には「2年間は元の勤務先が面倒を見るから、
 それまでに、国保に入れる経済力をつけてね」ということなんだそうです。

 ちなみに、保険料の比較や意味合いについては、
 診断士兼社労士のNANAさんがとっても丁寧に教えてくれました。


 さて、今日は人間ドックの日です。

 都内品川区の健康保険センターに来ています。
 (一番乗りだと思っていたら、タッチの差で二番乗りでした)

 前の会社に居たときから、
 健康診断・人間ドックはここの健保センターで受診していました。

 企業経営理論の一次対策で勉強したとおり、
 企業は従業員に健康診断を受診させる義務、
 従業員は健康診断を受診する義務がそれぞれあります。

 独立すると、受診する・しないは個人の判断になりますが、
 やはり健康管理はめちゃくちゃ重要なので、昨年までと同様、
 この健保センターで人間ドックを受診することにしました。

 今まで、再検査や治療の必要な体の不具合は、見つかったことはありませんが、
 さて、今年の結果はどう出るか。

 健康であればこその仕事であり、
 健康であればこその受験ですから、
 本当に心身両面で健康管理には気を使っていかないといけません。

  にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村
 この「にほんブログ村中小企業診断士カテゴリー」は
 502教室にリンクされているブログ以外の読み応えのあるブログもあって、
 結構面白いですよ。

 順位は変わらないものの、ランキングポイントは着実に増えていて、
 読者の方には感謝感謝です。


posted by 熱血感動型 at 08:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。