2009年06月13日

気流

 怒涛のような自宅仕事を納期に間に合わせ、
 昨日の夜は、7月から都内X区で行われる調査説明会に行ってきました。

 この仕事をご紹介いただきましたYさん、ありがとうございました。

 さて、説明会場に行くと、偶然にも師匠のA先生がロビーで電話していました。

 A先生とは現在、様々なプロジェクトで絡んでいますが、
 この調査事業は、お互い別ルートからでした。

 A先生と、どういうルートでお互いこの仕事にたどりついたかを話していると、
 4月まで横浜で一緒に仕事をしていたBさんが、偶然にも会場に入ってきました。
 
 そんな中、肩をたたかれ振り向くと、実務従事で一緒だったCさんが。

 後ろから、どこかで聞いたことのある声がするなぁ、と思い振り向いたら、
 同じ研究会で同じチームに所属しているDさんが。

 そして私のすぐ後ろの席には、一緒に新入社員研修を行ったEさんが。

 なんだなんだ、知った顔ばっかりじゃないかw

 診断士の会合に出席すると、どこかでお会いしたことのある方と
 必ずと言っていいほど、出くわします。

 診断士の活動範囲って意外と決まっているのかも。

 
 さて、説明会が終わり、師匠のA先生と居酒屋に行きました。さし飲みです。
 
 会社員時代、私に対する評価は、当然に、上司がしていました。
 実績を上げても上げても、その実績を上げたことが困難だったのか簡単だったのか、
 良いか悪いかの評価は、やはり上司がしていました。

 独立して働いている今、私に対する評価は、顧客からのリピートや売上金額
 だと思っています。

 そして、それを励みに、ここまで突っ走ってきました。

 で、昨日のさし飲みの場で、今後リピート率・売上を向上するために、
 今の私に足りないものは何なのか、師匠に率直に伺ってみました。

 結論。
 「熱血さんは今のままでいてください。
  派手さはないけれども、仕事を任せていて安心感がある」

 肩の力がスッと抜けていく感じがしました。

 私は、コーチがクライアントさんに接する際の基本スタンスは
 前向きな意味で「今のままでいいです」というものだと思っています。
 しかし、私が私自身に接する際の基本スタンスは
 「今のままでいいです」というものではなかったということなのでしょう。

 さて、7月は上記X区の調査の他に、大小入り乱れて様々な仕事が待っています。

 5月6月の低空飛行から、上昇気流に乗ってきた感じです。

 にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村

 にほんブログ村の順位も上昇気流に乗りたいところです。


posted by 熱血感動型 at 07:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。