2009年06月28日

不揃

 6月24日に「ふぞろいな合格答案エピソード2」が同友館より出版されました。

 総勢30数名がこの本の出版に携わったとあって、
 昨夜は打ち上げが行われました。

 「受験生最後の日」チームも出版社が同じということで、参加してきました。

 私は、診断士試験に合格後、この「ふぞろい」出版プロジェクトに
 参加したかったのですが、機を逸してしまい、参加することができませんでした。

 なので、こんな形で参加できるのはとても不思議というか、縁を感じました。


 私が受験生の頃、「ふぞろい」は「80分間の真実」という名で世に出ておりました。

 合格者はどんな考え方をして、どんな答案を書く傾向があったのか。
 私はこれを知りたくて、毎年買っていました。

 さらに、こういった傾向を掴むことができても、
 本試験では、その傾向に沿った解答を実際に書く必要があることから、
 本試験の疑似体験を、オレユニさんのドキュメントを読みながら行っていました。

 練習のための練習ではなく、試合のための練習をせよ、
 とはよく言われます。

 合格する答案を考えることが出来ると同時に、
 実際に書くことが出来なければ、合格はできない。
 そのためには、合格者は本試験当日に、どんなことに困って
 どのように対応したのか。

 これを知らなければ、合格はおぼつかないと思い、
 オレユニさんのブログを参考にしました。

 「ふぞろい」と機を同じくして、今年度版「受験生最後の日」も出版されました。
 両方を活用して、合格を手中にしていただけたら、と思います。


posted by 熱血感動型 at 09:26| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜は、ありがとうございました。

我々も昨日お酒を飲みながら、
「重箱の隅をつついて満足するような勉強ではなく、受験生は合格のための勉強をしなければならない。」
と話していたところです。

丸善@Oazoで「ふぞろい」と「受験生最後の日」が並んで平積みされていました。
両方とも受験生が合格するために使っていただけるといいですね。
Posted by かつ〜ん at 2009年06月28日 20:55
受験生最後の日 発売おめでとうございます。
購入して読み終わったので早速、今年版の感想をアップしました。

昨年の感想文を冒頭に載せていただき、びっくりしてしまいました。貴重な紙面を・・・w

来年は自分がドキュメントを書くつもりでがんばりまっす。

その前に1次、1次w
Posted by madmax at 2009年06月28日 21:28
かつ〜んさん
先日はお疲れ様でした。
すごい熱気でしたね。
「この本のおかげで合格しました」
と言ってくれる受験生を何人作ることができるか、
ですね。
今後も販促に努めていこうと考えています。

madさん
昨年のブログ記事、使わせてもらいました。
おっしゃる通り来年はmadさんが書く資格を得てくださいね。
応援しています。
Posted by 熱血感動型 at 2009年06月29日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。