2009年06月30日

拠所

 自分の中で拠所となる言葉やフレーズがあります。
 自身の変化とともに、拠所となる言葉やフレーズも変わってくるのですが、
 最近の拠所は、以下の3つです。

 【自分の武器以外で勝負しない】

 武器とは専門性や得意分野ということだけではなく、
 自身の性格、性質といったものを含みます。

 社交的じゃないのに、社交的な「ふり」をしない、とか
 よく分からないのに、分かった「ふり」をしない、ということです。

 ミサイルを持っていないのに、持っているふりをして
 最終的に痛い目にあう、みたいな愚は避けたいところです。


 【僕らは普通の人間じゃない】

 昨年、講義をしに行く途中で、先輩診断士から言われた言葉です。
 僕らは、診断士になるために膨大な勉強をし、
 様々な専門用語やスキルを身につけた。
 だから、診断士が普通の人に普通に話していては、絶対に理解されない。

 だからこそ、目線を下げ、日常の言葉に置き換えて話す必要がある。


 【溺れる者は藁をも掴む】

 独立するということは、溺れに行くようなものです。
 もがき苦しみ、藁をも掴む。
 反面、もがき苦しむことで大きく成長もできます。

 それだけ必死にならなければやっていけない、ということかもしれませんし、
 実は、私の能力が低いから、もがき苦しんでいるのかもしれません。

 先日「熱血さん、別人になりましたね」と言われました。
 
 自分では自覚していませんが、言われてみると積極的になったかもしれません。

 何かの会合で、何かの役割に対し応募する際など、
 手を挙げることに、それほど億劫さを感じなくなりました。

 自分の成長は自分では気づかないことであって、
 他人に指摘されて、初めて分かることなのかもしれません。

 2次試験の演習なんかも、得点や順位ばかり気になりがちですが、
 他人に指摘されて、初めて実力の向上を自覚したこともありました。


posted by 熱血感動型 at 08:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。