2009年08月08日

初日

 いよいよ一次試験初日を迎えました。

 学習の仕上がりがどうであれ、迎えちゃったものは仕方がありません。
 現在のご自身が保有する実力を、完全に出し切ってくるだけです。
 言い換えれば、実力を出し切れなくする要因をつぶすことに心を砕きましょう。
 
 実力を出し切れなくする要因のひとつとして、
 難問にかかわりすぎた結果、時間を足りなくしてしまうことが挙げられます。

 学習をしっかりやってきて、模試でも点数が高かったりすると、
 この罠に陥りやすいはずです。事実、私もそうでしたし。
 結構自信があるので、多少難しくても、その問題を飛ばせない。
 どうしても難問を解こうと、かかわってしまい、気がつくと残り時間わずか。

 こんな愚を避けるため、難問と出会ったら、後回しにして、
 易問をしっかりとっていきましょう。
 受験の目的は難問を正解することではなく、合格することです。

 本試験初日が終わって、宿泊先もしくは自宅に帰ってきたら、
 明日の準備をするわけですが、今日の自己採点をどうするか、という問題があります。

 今日の点数が気になって気になって、集中力が削がれ、
 明日の準備に支障をきたすなら、自己採点はしてもいいでしょう。
 ただし、採点結果にガックリきて、明日の準備をする気を削がれるリスクもありますから、
 メリット・デメリットに留意した上で、自己採点するかどうか決めてください。
 
 私は一度、このデメリットを体験してから、
 一次試験初日の自己採点はしないようにしました。

 いずれにせよ、スタートダッシュや立ち上がりというものは非常に大事ですから、
 初日は、地に足をつけて、しっかりと過ごしたいところです。


posted by 熱血感動型 at 07:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。