2009年08月25日

決勝

 全国高校野球選手権大会が開催されると、
 夜11:00過ぎからテレビ朝日系で「熱闘甲子園」という30分番組が放映されます。

 その日に行われた試合をダイジェストで放映するだけではなく、
 チームのエピソードなど裏話や、試合後の選手の表情なども盛り込み、
 試合の感動を盛り上げる番組です。

 私は通常、夜10:00には就寝してしまいますが、
 この期間だけは、時間が許す限り、この番組を観ることにしています。

 さて、昨日の決勝戦、愛知代表の中京大中京vs新潟代表の日本文理の試合は、
 観る者の心を揺さぶる試合でした。
 9回2アウトランナーなし、得点は6点差。ほぼ勝利は絶望的といっていい状況で、
 日本文理は勝利を諦めていませんでした。
 
 テレビで試合を序盤から観ていた私は、試合終了後、
 「明日のジョギングは中止。今日は絶対に熱闘甲子園を見よう」と決めました。
 この試合は、ジョギングを犠牲にして、おさらいするべき価値があります。

 ちなみに、日本文理の最後まで諦めない姿は夏という名の宝物というサイトで
 観ることができます(8/31まで)。

 最後まで諦めないことの尊さを、思い起こさせてくれた決勝戦でした。


posted by 熱血感動型 at 09:55| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すてきなサイトの紹介ありがとうございます。最終回だけ観てきました。観戦していたらもっとよいかもと思うゲームですね!
Posted by Apple at 2009年08月26日 20:08
そうですね、リアルタイムで観戦していたら、
結末がわからないだけに興奮するでしょうね。
Posted by 熱血感動型 at 2009年08月27日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。