2009年09月20日

背後

 「いつ寝ているのか」「いつ息抜きをしているのか」と
 質問を受けることがあります。
 原則1日6時間は睡眠をとっていますし、たまには昼寝もしています。
 月に一度は西武ドームに足を運び、しっかり酔っ払ってもきます。

 一昨日も西武ドームに足を運んできました。
 今回はちょっと奮発して、いつもの指定席料金の倍以上を払い、
 ネット裏にほど近い、前から7番目の席で観戦してきました。
 
 選手がスタンドに投げ入れるボールをキャッチすることが可能なので
 今回は、グローブ持参です。
 しかし、なかなか自分達が座っている席の方にボールが来ません。

 そうこうしているうちに、自分たちが座っている席の方へ
 選手がボールを投げ入れてくれました。

 座席を立つ周囲の観客。階段状の通路に出て、キャッチを試みます。
 もちろん、私もキャッチしようと階段状の通路に出ました。
 一つのボールに様々な方向から手が伸びます。

 その瞬間、

 ドンッ 
 と背後から誰かに押されました。
 私含め、数名の観客が、階段状になっている通路でつんのめりました。

 結局、私たちを押しのけた観客がボールをキャッチしたようです。

 けが人が出なかったから良かったものの、そんなのあり?
 完全にシラケてしまいました。 

 とはいうものの、間近でみるプロのプレイは迫力がありました。
 選手のプレイに引き込まれ、この日の酒量はいつものそれより少なめでした。
 
 座席の料金は高いけれど、酒代・つまみも含めたトータルコストでみると、
 いつもより安上がりの結果となりました。

 これでボールをキャッチできていれば「言うことなし」なのですが。

 西武ライオンズは、昨年の春のキャンプで外部講師を招き、
 ヒーローインタビューのための「話し方講座」を開催したそうです。

 今、私が作っている研修は、まさしくこのテーマを扱ったものです。
 この仕事のオファーを引き受けて、
 謝金代わりに選手からサイン入りボールをもらえないかな、と考えました。

 というか、まずオファーが来ないというのが、私の家族の見方ですが(そりゃそうか)。


posted by 熱血感動型 at 10:53| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お子さんたちには迫力満点で最高の席ですね。
イベントもスポーツマンシップであってほしいところです。危険で中止ということになれば、ファンの誰もがボールをとれなくなりますね。
Posted by apple at 2009年09月20日 14:17
押しのけたあの力は間違いなく大人の力です。
人を押しのけるにしても、
階段状の通路で押しのける行為は、
けが人が出る可能性が高い行為だということは、
大人であれば、当然認識しているはず。
それをあえて行う神経が私には分かりません。
野球好きに悪い人はいない、という認識が
覆されてしまいました。
Posted by 熱血感動型 at 2009年09月21日 07:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。