2009年10月03日

実践

 受験生時代、2次試験対策として学んだ切り口を、
 当時の職場である、ガソリンスタンドの運営に活かすようになった時期があります。
 
 これにより、受験生としての実力がグッと向上した記憶があります。
 
 以下は、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販売促進(Promotion)、
 それぞれの戦略を表すマーケティングの4Pをタイヤ販売に適用させた実例です。


 @Productについては、製品の鮮度管理を徹底させました。
 鮮度の良いもののみを仕入れ、陳列し、販売してました。

 ちょっと雑談というか、余談レベルですが、
 タイヤには、側面に製造年と製造週が刻印されています。
 各社固有のアルファベット文字の次に4桁の数字があります。
 「1408」と記載があったら、
 「14」はその年の第14週に製造されたことを示しています。
 「08」は2008年に製造されたことを示していますから、このタイヤは、
 2008年の第14週(4月頃)に製造されたことが分かります。
 タイヤはいくら溝が残っていても、ゴム製品なので、
 古い輪ゴムが簡単に切れるように、古いタイヤはゴムが劣化しています。
 ゴムの劣化が、パンクの頻度やブレーキの効き具合に影響を与えます。
 私たちは、タイヤを販売する時には、タイヤの鮮度をアピールしていました。 
 (溝が残っていても5年経過したタイヤは要注意です)
  
 APriceについては、競合店の価格を調べ、それを上回らない設定をしていました。
 タイヤの競合店については、ガソリンスタンドだけではなく、カーディーラー、
 カー用品店なども当然、対象にしました。
 顧客の声を集めたところ、近隣のカー用品店が競合と判断できたので、
 そこのタイヤ価格を徹底的に調査し、自社の価格設定に反映させました。

 BPlaceについては、卸業者との連携を強化させました。
 特に、卸売りの担当者との情報交換だけではなく、
 卸売り先の職場と、私たちの職場単位で情報交換を密にするとともに、
 販売戦略の共有も図りました。
 また、発注方法の見直しもしました。

 CPromotionについては、販促策を人的販売と非人的販売に切り分け、
 人的販売に力を入れました。
 社歴の短いスタッフには、タイヤの点検方法やお勧めの仕方をティーチングし、
 社歴の長いスタッフには、モチベーション向上のためにコーチングを行いました。

 結果として、タイヤはどんどん売れていきました。
 それはそれで嬉しかったりするのですが、机上で学んだことが実践できることに
 喜びも感じてました
 それ以前は、試験対策として机上で学んだことと、実践は別として考えていたからです。
 これでは、やっぱり、合格はできないですね。

 話は変わりますが、先日、502教室で取り上げられた同友館さんのHPに
 私のコラムがアップされました。ご興味のある方はこちらからどうぞ。


posted by 熱血感動型 at 08:34| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ガソリンスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりです!
同友館コラム参考になりました
「採点者に誤解を与えてしまったら・・・・」
自分でもわかってはいたんですが
今日2次の回答文章(自筆)を
嫁(ヨメ)に読め?と息子にも読んでもらって
汚い文字でわからない答案を書いてしまっていたようです!
「きたなすぎー」とのこと
以後気をつけるようにします。
ありがとうございました
Posted by チェんゴー at 2009年10月03日 21:44
チェんゴーさん
コラムは、主に内容面での誤解を招かないように、
という意図で書いたのですが、添削をしていると
確かに字で誤解を招きそうな解答もあります。
汚いのではなく、粗末な字なんですよね。
ですから、きれいに書くよりも、丁寧に書ければ
良いですね。

本試験までひと月過ぎました。
積年の想いを果たす日がいよいよ来ますね。
Posted by 熱血感動型 at 2009年10月04日 06:28
熱血さん
コラムの意図と違ってましたよね!
すみません!

どうしても時間が足りなくて・・・
焦って粗末な字になりやすいことや根本的に
字が読みにくい癖字でもあるようです。

丁寧に書けるよう意識することと
解答構成を早い目に決め、記述時間を確保
できるよう前工程でも努力したいと思います
Posted by チェんゴー at 2009年10月04日 23:57
チェんゴーさん、参考までに。

受験生の私が、当時自分で決めていたことは、
@字を書く際に「とめ」「はね」「はらい」を丁寧に行うこと
A書く時間は配点10分につき3.5分とし、
(ですから書く時間は80分のうち35分)
それ以外は考えをまとめる作業としていました。
Posted by 熱血感動型 at 2009年10月05日 07:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。