2009年10月22日

一発

 昨日のエントリーで紹介した女性歌手のように、一曲ヒットさせると、
 それから15年以上経っても、お呼びがかかる現実があります。

 私が高校生の頃、「水割りをくださ〜い〜」で始まる歌を歌った男性歌手のもとには、
 いまだに印税が入ってくるとも聞きました。

 それを一発屋と呼ぶ向きもあるけれども、
 その一発が長期的に収益を生む要素になっているんですよね。
 (もっとも、その一発があった故に、苦しい思いをするケースもあるとは思います)

 彼ら彼女らにとって、この一発は、大きな武器なんですよね。


 私は、昨年、研修コンテンツ開発チームに入って以来、
 ずっと傾聴に関するテーマで研修を開発してきました。
 ある程度、完成した感もあり、今年の1月で開発を終了させ、
 その後、新しいテーマで研修を開発していました。

 先日、台東区の経営者勉強会やセミナー講師1決定戦などで、
 傾聴に関するテーマで研修を行うこととなりました。
 セミナーの時間の都合上、アレンジが必要だったので、
 構成を考えたところ、今更ながら、様々な改善点や追加点が見えてきました。

 多種多様な研修コンテンツを自身の武器とすることも必要だと思います。
 これにより、多種多様な顧客に対応ができ、リスク分散も図れます。

 しかし、今の私は、まず、
 傾聴に関するテーマの研修を徹底的に磨きぬいていくことで、
 より強力な武器に育て上げていきたいな、と思いました。


posted by 熱血感動型 at 06:41| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。