2009年11月29日

会合

 昨日、地元の商工会議所から、新年賀詞交歓会のお知らせをいただきました。
 参加者は、ほとんど私と顔見知りではない方ばかりであろうと思われます。

 昨日、このお知らせを受け取った時の気持ちが、
 以前のものとは全く違うものであることに気付きました。

 昨日は、このお知らせを見て、賀詞交歓会に即参加を決めました。
 以前なら、このお知らせを見て、賀詞交歓会に嫌悪感を抱いていたと思います。

 昔から、飲み会や会合などの場で、
 会話の中心に自分がいなければ気が済まない性質でした。
 ですから、会話の中心に居ることのできない、
 典型的には、知り合いのほとんどいない飲み会や会合は、本当に苦手でした。

 やむなく参加することもありましたが、
 他の参加者が和気あいあいと話している中、
 話し相手がおらず、ひとり会場にたたずみ、
 手持無沙汰でグラスを傾けている自分が嫌でした。

 なぜ、会話の中心にいなければ嫌なのか。
 その根底にあるものは、劣等感でした。
 常に会話の中心にいなければならない、
 言い換えれば、人気者でなければならない。
 そのような気持ちの裏には、劣等感から目をそむけ、
 優越感で劣等感を覆い隠そうという意図が働いていました。

 先日、これに気付きました。
 というか、気付かせてくれる人と出会いました。

 もし自分に劣等感が無かったら、知らない方々ばかりの飲み会や会合で
 自分はどう振舞うのかを考えてみました。
 多分、食べたい料理に積極的に手を伸ばすと思いました。
 名刺交換したい人を遠くから眺めるだけではなく、
 積極的に、場合によっては会話に割り込むだろうと思いました。

 そんな状態での感情をじっくり味わってみました。

 その後、見知らぬ方ばかりの会合でも、
 会話が弾もうが弾まなかろうが、単純にその場を楽しめるようになりました。
 積極的に料理に手を伸ばすことができるようになりました。
 名刺交換したい方と名刺交換ができるようになりました。

 場馴れとか社交性ではなく、
 自分の内面に巣食う、劣等感としっかり向き合い、
 絡め取られないように、劣等感と距離を保つことが
 大事だったことに今更ながら気付きました。

 かくいう今日も午後からパーティーに参加してきます。
 劣等感と距離を置いて、楽しんでこようと思います。


posted by 熱血感動型 at 10:34| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
劣等感の塊であり、会話が苦手な私にとって、今回のエントリーは非常に参考になりました。

丁度、私も、午後からパーティに参加しますが自分も楽しみ、お話できる相手の方とも楽しめるようにしたいなぁと思いました。

(本当に、自分にとってタイムリーなエントリーをいただけるので、やっぱ、熱血さんとは繋がっているのだと実感しましたw。)
Posted by madmax at 2009年11月29日 13:22
オレサマもお見合いパーティーは大好きだぜ!!!!ダメモトでガンガン声掛けてるぞ!!オマイも結婚詐欺には気をつけろよ!!
Posted by 冷血 at 2009年11月29日 23:54
madさんにとってタイムリーなエントリーだったんですね。
昨日のパーティーはいかがでしたでしょうか
いつも以上に楽しめたなら望外の喜びです。

冷血さん、お見合いパーティーで良いご縁を得て、
冷血2世を早く誕生させましょう。
私は既婚者なので、結婚詐欺の被害はご心配なく。
Posted by 熱血感動型 at 2009年11月30日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。