2009年12月12日

休息

 昨日の午前中。
 私は、電車で某商工会議所に向かっていました。

 電車の中はガラガラでしたので、鞄の中からPCを取り出し、メールをチェックしました。

 新着メールが1件入っていました。

 件名は「結果発表」
 差出人は、私が今年、個別に受験サポートをした9名のうち、
 2次本試験までサポートを受けた4名のうちの、おひとり(女性)でした。

 結果は合格!
 いやぁ、嬉しかったですなぁ。
 彼女の得た結果も、もちろん嬉しかったですし、
 その最高の結果を得るプロセスに、私自身、携わることができたことも嬉しかったです。

 彼女は独学でしたが、
 独学+個別サポートでも合格できる、ということが証明された気がしました。
 「証明された」のではなく「証明された気がする」と書いたのは、
 彼女のスキルが、もともと高かったからです。

 ストレート合格の受験生もいれば、何年もかかって合格した方もいます。
 それは「診断士受験を意識して対策を行った期間」が1年か、数年かの違いであり、
 診断士の受験対策を始める前のスキルが、合格までの期間を決めてしまう側面は、
 往々にしてあると思います。

 財務の知識が必須の仕事をしている人と、そうでない人。   
 ロジカルシンキングを仕事で使わざるを得ない人と、そうでない人。
 前者と後者では、やはり短期的な結果は違ってくるのだと思います。

 かといって、例え1年の受験生活であろうとも、
 仕事を持ちながら受験勉強をするわけで、やはり効率よく学習したいし、
 モチベーションの維持も必要でしょう。
 その課題を解決してくれるのが、受験機関であり、サポートなのだと思います。

 とにもかくにも、合格した方、おめでとうございました。

 不合格の方、まずは、羽を伸ばしましょう。来年へ向けて、急いては事をし損じます。
 これまで、仮に2次試験から今まで何にも勉強してなかったとしても、
 合格発表まで心は落ち着いておらず、
 真の意味での休息はとれていなかったはずです。
 ゆっくり休んでほしいと思います。


posted by 熱血感動型 at 09:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。