2009年12月15日

決算

 昨日は一日、自宅作業でした。

 まずは、調査事業の報告書を完成させ、
 次に、電話・メールで案件の打ち合わせ。
 それが済むと年賀状の作成です。

 診断士になって、もらう年賀状も、出す年賀状もドッと増えましたが、
 独立して初めて出す今回の年賀状は、枚数ががさらに増えました。

 印刷した年賀状の宛先を見て、その方へ向けて1枚1枚コメントを書き入れました。
 その方に、この1年で、いつ、どんな場面でお世話になったか、
 じっくり思い起こし、コメントを書いたわけですが、
 本当に多くの方に対し、お世話になりっぱなしであることがちょっと悔やまれます。

 ここ数日をかけて、年賀状の作成をしてましたが、
 この作業を通じて、1年の振り返りができるとともに、
 今年の活動を踏まえ、来年に向けて想いを馳せることができました。

 決算書の作成は、定量的に1年の活動を計るものですが、
 年賀状の作成は、定性的に1年の活動を計ることが出来るという意味で、
 やっぱり決算なのかもしれません。

 サラリーマン時代は、そんなこと全く考えてませんでした。
 独立し、立場が変わると、考え方も変わるものだと今更ながらに思いました。 


posted by 熱血感動型 at 09:13| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オレサマも貴様に年賀状だすから見事当ててみせろよ!!!!ヒントは手書きだ!
Posted by 例の件 at 2009年12月15日 23:26
年賀状を出すということは、
私の住所を知っているわけで、そうすると、
どこかで名刺交換をしているわけですよね。

うむむ、一体そなたはどなたじゃ?

Posted by 熱血感動型 at 2009年12月16日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。