2010年01月09日

会合

 「私は人見知りをするので・・・」
 「私は内向的なので・・・」
 「私は社交性に欠けるので・・・」

 私が診断士に登録して以来、何度も聞くフレーズです。
 ちなみにフレーズの発信元は診断士です。
 かくいう私も、何度か発したフレーズであることは間違いありません。

 診断士に登録すると、敢えてその機会を避けない限り、
 パーティーや飲み会やセミナーなど、初対面の方と接する機会が増加します。

 そのような場では、多くの方が以下のような経験をするようです。
 (もちろん、私も経験しましたし、今もよくあります)
 ・初対面の方と名刺交換を積極的にできない
 ・初対面の方に話しかけることができない
 ・初対面の方と話が続かない
 周囲を見渡すと、みんなが和気あいあいと打ち解けています。
 自分だけ疎外感を感じたりします。

 初対面の方はどんな人柄の方なのか分からない。
 もしかしたら、自分とはウマが合わないかもしれない。
 お互い気まずい思いをするかもしれない。
 初対面の方と接する場合は、そんなリスクを抱えます。

 診断士1次試験、経済学でリスク回避型、リスク愛好型を学習しますが、
 なかなか初対面の方に対し、踏み込んで行けないのは、リスク回避型。
 その逆がリスク愛好型なのでしょう。どちらが良い悪いという話ではありません。

 そもそもリスクを回避するのは人間として当然の姿ではないのか、と思います。
 だから組織に所属する方が多いのだろうし、命にも財産にも保険を書けるのだと
 思います。
 つまり、人見知りをし、内向的。決して外交的ではない、と感じている、
 私のような人は、「それが普通」だということを認識する必要があると思います。

 問題は、そのことを責める自分の心にあるはずです。

 自分らしく会合に臨みましょう。
 受験生も合格者も診断士も、ぜひそんなことを意識して、
 今日の502キックオフに参加していただけたら、と思います。


posted by 熱血感動型 at 10:06| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さん、こんにちは。

>「私は人見知りをするので・・・」
>「私は内向的なので・・・」
>「私は社交性に欠けるので・・・」

これは社労士でもよく聞くフレーズですね。さらにいうと、私も実は人見知りで内向的で社交性に欠ける人間だったりします。。。
Posted by NANA at 2010年01月10日 02:55
「私は人見知りをするので・・・」
「私は内向的なので・・・」
「私は社交性に欠けるので・・・」
このようにいう方々に共通する問題は、
傍からは、そのように見えないので、
フォローできないことなのかもしれません。
NANAさん含めて、の話ですが。
Posted by 熱血感動型 at 2010年01月10日 16:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。