2010年05月13日

提供

 久しぶりに国会図書館に出向いてきました。
 昨年の12月に行ったので、それ以来です。

 ある出版物の平成21年版を見たかったのですが、
 平成20年版までが所蔵されており、平成21年版がありませんでした。
 出版社に問い合わせたところ、平成21年版は昨年8月に出版したとのこと。 
 図書館に問い合わせたところ、平成21年版は所蔵していないとのこと。

 国会図書館とはいえ、出版されてさえいれば、
 所蔵されているというものではないのですね。

 何か、私は「出版物において国会図書館には無いものは無い」と
 勝手に思っていた面があって、 今回は、また勉強になりました。

 さて、この資料がなかったら、執筆が進まない。
 そんなとき、昨年12月の経験が役立ったりします。
 当時参考にした資料を活用して、執筆を進めることができました。

 とりあえず、一安心でした。

 今回は、自分の経験で問題が解決できたわけですが、
 他人の経験を取り入れれば、問題はもっと簡単に解決できると思います。

 2次試験の勉強でも他人の解答を分析することは大事ですし、
 仕事でも他人の経験や考えを活用していくことが良い仕事につながります。
 ただ、その前提に自分が何を提供できるかが必要なんですけどね。

 「ギブアンドテイク」という言葉、
 「与える」ことを意味する「ギブ」が先に来ている点に注意しなければなりません。


posted by 熱血感動型 at 08:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。