2010年05月21日

蕎麦

 平成18年の診断士2次試験、合格発表の日。
 銀座の診断協会に合否を確認しに行った私は、
 帰宅途中に池袋で下車しました。

 時刻はお昼過ぎ。
 池袋駅に隣接するレストラン街の一角。
 お蕎麦屋さんに入店した私は、店員さんにビールを頼みました。

 合格なら祝杯。不合格ならヤケ酒。

 ビールは微妙な味でした。
 悔しさを味わいながら、ビールの後は日本酒と肴。
 最後に蕎麦で締めて帰りました。

 さて、昨日は午前中の仕事を済ませた後、
 ふと、このお蕎麦屋さんに立ち寄ってみました。
 昨日は暑かったし、ちょっとさっぱりしたものを食したくなって。

 お蕎麦屋さんはあの頃と変わらぬたたずまいでした。
 午後も仕事があったので、お酒は頼まず、冷たい蕎麦をいただきました。

 一人そばをすすっていると、
 当時の悔しさは封印するものではなく、
 大事にとっておくべきものだということに想いが至りました。
 あの時の悔しさがあったからこそ、診断士としての今があるのだと。
 
 今度、あのお蕎麦屋さんに行くときはどんな心持なのだろう。
 こんなことを思いながら、お蕎麦屋さんを後にしました。

 このお蕎麦屋さんへの再訪がいつになるかは分かりませんが、
 何やら楽しみになってきました。

 今度は、独立2年目の今の苦労を思い起こしながら、
 酒を飲み、蕎麦をすすっているのだろうと思います。

 無駄な過去は一切ない。
 無駄にするもしないも自分次第なんですよね。


posted by 熱血感動型 at 07:23| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仰る通り、無駄な過去は一切ないはずであると思います。悔しさこそが糧になりますしね。
一方、現状に不満を持ちながら何もせずにいると、貴重な"今"をムダと感じてしまいかねません。

本当に自分次第ですね。
(自分に言い聞かせています ^_^; )
Posted by Reiパパ at 2010年05月23日 00:17
現状に不満を持ちながら何もしないことが、
多くの人の姿なのかもしれません。
現状打破のために行動を起こすことのできる人は、
その行動によって失敗することもあるのでしょうね。
しかし、その後も行動力を活かして再び行動するので、
前回の失敗を次に活かせる機会があるんですよね。
だから何事も無駄にすることがないのだと思います。
Posted by 熱血感動型 at 2010年05月23日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。