2010年05月23日

未完

 「聴き上手研修」は、私のガソリンスタンド店長時代の経験をもとに、
 人の話を傾聴し、コミュニケーションを円滑にするスキルを身につける研修です。

 2年前から、政策研究会の研修コンテンツ開発チームに、
 ほぼ毎月これを持ち込んで、様々な診断士の方から、
 多くのご意見をいただき、ブラッシュアップしてきました。

 ブラッシュアップ中も、ガソリンスタンド店長、起業予備軍、
 診断士等を対象にしてこの研修を行ってきました。

 実際に研修を実施してみると、
 開発チームの方々からいただいたご意見、また自分で考えたアイデアの他にも、
 毎回新たな気づきがあり、さらにブラッシュアップを重ねることになります。

 「もうこれで完成っ」と思っても、やっぱりブラッシュアップしたい点が出てくるのです。

 さて、昨日も「聴き上手研修」をベースにした研修の講師を行ってきました。
 受講生は、診断士・診断士2次試験合格者・診断士受験生等、
 診断士に関連する方々ということで、若干アレンジを加えて実施しました。

 そして、昨日も、またまた新たな気付きがありました。
 「聴き上手研修」は「永遠の未完成研修」のような気がしてきました。

 もっとも「永遠の未完成」は
 私が持つ他の研修コンテンツも、そして私自身も同じなのかもしれません。


posted by 熱血感動型 at 11:15| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のロジカルシンキング講座のコンテンツも、昨年時点で「これ以上よくできない」というところまで作り込みましたが、今年はまた3割くらい変えてしまいました。
時間が経って変えたくなるということは、それだけ成長しているということの証なのだと思いMAX。
Posted by ER先生 at 2010年05月23日 11:36
やっぱり、コンテンツの改編については、皆さんそうなんでしょうね。

とはいえ「いつまで経っても、変えたくならない時」っていうのが訪れたら、ちょっと怖いかな。
Posted by 熱血感動型 at 2010年05月24日 05:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。