2010年07月31日

定款

 聞いてきた話です。

 Aさんは若くして会社を作ろうと考えていました。
 しかし、会社の作り方が分からない。

 法務局に行けば、会社設立の手続きが出来るということが分かりました。
 意を決して法務局へ出向き、担当の方に会社を作りたいと話しました。

 そして担当者に「ていかん」を準備するように言われました。

 若かりし頃のAさんは、「ていかん」なる言葉を初めて聞きました。
 「『ていかん』ってなんだ?」と思いつつ、法務局を後にしました。

 「ていかん」を準備しないと会社を作ることができない。
 まだインターネットが普及していない時代。
 その方は、自宅で辞書を開き「ていかん」について調べました。

 辞書には
 【ていかん】諦め、悟ること
 とありました。

 会社を作り、社長になるいうことは、
 何と奥の深いことなのだろう、と思ったのだそうです。 

 で、その後「諦観」は準備できなかったけれども「定款」は準備し、
 めでたく会社は設立されたとのことでした。


posted by 熱血感動型 at 06:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。