2010年09月21日

協会

 中小企業診断士の受験生は、試験合格後、
 15日間、実際に企業の診断を行って、診断士の登録要件を満たします。

 自分で探してきた企業を診断しても全く構わないのですが、
 多くの場合、試験実施団体である診断協会の
 実務補習制度を利用して、登録要件を満たします。

 実務補習では、協会の指導員の先生が指導してくれるので、
 実務補習が終わり、診断士に登録した後は、
 指導員の方の伝手で、ほとんどの方が協会に入会します。

 私は、実務補習を受けず、違う形で企業を診断し、登録要件を満たしました。
 ですので、診断士登録当初は、協会の伝手というものがありませんでした。

 ちょうどその頃、先輩診断士に協会に入会するべきか否か相談したところ、
 「入会の必要はない」とバッサリ言われました。
 他の方からも、そのような入会に対する否定的なアドバイスを
 いくつか受け、協会への入会は、しばらく様子を見ようと思うようになりました。

 自分自身甘かったな、と思うのは、
 このときに相談した先輩方は、皆さん独立して何年も経つ、
 ベテランの方だったということです。
 もっと幅広く先輩方に相談するべきだったと思っています。

 その後、独立するわけですが、ある日、研修を受講した際に知り合った、
 協会の役員の方に、仕事量を増やしたいと相談をしたことがあります。

 「じゃ、うちの協会に来なさいよ」

 現在、協会員じゃなかったら、出来なかったであろう仕事を手掛けるたびに、
 協会に入って正解だったと思うのであります。

 人に相談することは大事なことだと思いますが、
 属性が偏っていたところに私の失敗がありました。

 幅広い人に相談することの重要性を思い知らされました。


posted by 熱血感動型 at 08:43| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴殿でもそういうことがあるんですね。
個人的には、協会に入るかはいらないかは個人の自由だと思っています。
ただ、入っている側からするとメリットが大きく見えますから、入っていない人のことがわからなかったりすることもあります。
お互いの立場を理解して公平な判断(これが最も難しいわけですが)をしたいものです。
Posted by kaits at 2010年09月21日 08:46
kaitsさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
私としては、現在、大きなメリットを感じていますが、それを早く知っていれば、という後悔めいた気持があります。
おっしゃる通り、入会は本人の自由なのですが、もう少し協会の活動や情報を幅広く提供する機会が必要なのかな、と思っています。
Posted by 熱血感動型 at 2010年09月22日 06:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。