2010年10月08日

発汗

 「熱血さん、至急、講師をやってくれる人を探して欲しい」

 昨日、研修を受講している最中に、
 私の胸ポケットにある携帯電話が震えました。

 席を外し、電話をとります。
 電話の向こう側で、先輩診断士の方が、
 怒りをおさえて語りかけてきました。

 予定している講師にドタキャンを食らってしまい、
 条件に合う人を探して欲しいとのことでした。

 「熱血さん、誰か紹介できる人、居る?」

 その条件に合う人・・・
 あ、今私が受講している研修で、
 席の隣に座っているAさんが条件に合うかも。
 
 先輩には、早急にご連絡することをお伝えして、一旦電話を切り、
 研修の休み時間にその旨、Aさんにお話ししたところ、快諾してもらえました。

 電話をいただいてから4時間後、
 このことを先輩に連絡したところ、大層喜んでいただけました。

 先輩の期待に応えることができ、
 Aさんにお仕事を紹介することができた。
 人の役に立てたときって嬉しいものです。

 先日、別の先輩診断士から、
 「人のために汗をかいたことは回り回って必ず自分に返ってくる」
 とメッセージをいただいたばかり。

 今朝はジョギングで自分のために汗をかいたばかりです。
 日中は他人のために汗をかこうと思います。 


posted by 熱血感動型 at 08:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。