2010年10月12日

解釈

 先日、電車で立っていたところ、
 空いている座席を隣の車両に見つけました。

 「よし、座ってPC作業をしよう」

 隣の車両に移動し、その座席に座りました。
 PCを鞄から取り出し、電源を入れます。
 
 ふと周囲に目をやると、ピンク色の女性が
 車内の出入口付近にたたずんでいました。

 ひざ上20cmほどのフリフリドレスには、
 ピンク色の熊さんが何頭もあしらわれています。
 髪飾りもピンク色。 ハイソックス、靴もピンク色でした。
 手提げのバッグと紙袋もピンク色。
 よく見ると、指輪もピンクでした。

 まるでおとぎ話から抜け出てきたような、そのいでたちは、
 間違いなく非日常のものでした。

 何かのパーティーに出掛けてきたのか、
 コスプレのイベントに出掛けてきたのか。

 かくいう、その女性は、気恥ずかしさを漂わせることなく、
 普通(と思われる)の表情で視線を宙に漂わせていました。

 もし、本人が恥ずかしそうな表情をしていたら、
 見ている方も気恥ずかしくなってしまうものなのだろうけれど、
 彼女の普通の表情に何となく救われた気がしました。

 「事実として、派手なドレスで電車に乗っている。
 しかし、その解釈は人によって様々だよね。」
 彼女の表情からはそんなメッセージが伺えました。

 事実と解釈を切り分ける。とっても重要なことだと思います。


posted by 熱血感動型 at 11:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。