2010年10月30日

事実

 しばらくアウトプットばかりで、インプットの出来ない日々が続いていました。
 自分の中にある知識やスキルをアウトプットすることは、
 より深いインプットになりますが、より広いインプットにはなりにくい側面があります。

 その点が気になっていたので、10月後半からは、意識的に読書に努めたり
 (もっともビジネス書だけではありませんが)、
 興味のあるセミナーに出かけたりして、インプットを心がけています。

 というわけで、最近読んだ本のご紹介。
 NEOBK-788501.jpg
 チェ・インチョル著 山口兼司訳 小宮一慶監修 ユナイテッド・ブックス

 人のモノの見方には、様々なバイアスがかかっていることを
 研究結果や実験データなどの事実に基づき、具体的に示しています。

 わが身に置き換えてみて「そうだよな〜」と思うことしきり、でした。

 本書には、様々な研究結果が書かれていますが、
 その中でも、222名の人を対象に幸福度を測定し、
 上位10%の人と、それ以外の人の違いを分析したものが興味深かったです。

 上位10%の人は、それ以外の人に比べて、ひとりでいる時間が短く、
 人に会って関係を維持するのに多くの時間を割いているのだそうです。

 私自身、今以上に多くの人と出会い、関係を作っていく必要があると感じました。

 9784167732011.jpg
 イニシエーション・ラブ 乾くるみ 文春文庫

 以前、産業カウンセラーの先生に、
 ビジネス書だけでなく、推理小説や恋愛小説を読むのも大事だよ、
 とアドバイスを受けたことがあります。

 ビジネスから離れた書物を読むことは、
 肩の力が抜け、格好のリラックスタイムとなり、
 それが効果的なインプットを実現する下地になる、というのがその理由です。

 さて、この本についてネットを見てみると、読後感は賛否両論ですが、
 計算しつくされた構成は上手いと思います。

 オビに「必ず二回読みたくなる小説」とありますが、これは事実です。


posted by 熱血感動型 at 11:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。