2010年10月31日

電話

 昨日、自宅で作業していたところ固定電話が鳴りました。
 受話器をとると、男性が「yahooの者です」と名乗りました。

 社名を名乗っただけで、自分を名乗ったわけではない点が気になりました。

 私が使っているプロバイダは2002年からyahooなわけで、
 最近、yahooのHPでプロバイダ料金の広告をしている点が
 気になっていたので、彼の話をしばらく話を聞いてみました。

 電話の向こう側にいる彼の話を聞く中で分かったことは、
 ・彼のお勧めに従うと、プロバイダ料金が安くなる
 ・彼は、私が月にいくら払っているのか分からない
 ・彼は、私の住居が集合住宅なのか戸建なのか分からない

 yahooの人でありながら、契約者情報を掴んでいない点が気になりました。

 この点をお伝えすると、個人情報は把握できないとのこと。
 そして「大丈夫、信じてください」の一点張り。
 彼が「大丈夫、信じてください」と強調すればするほど、
 大丈夫なのか、信じていいのか気になります。

 結局、丁重にお断りして、yahooに電話してみました。
 yahooから電話をした記録は無いので、おそらく代理店の方であろう、
 ということでした。

 もっともそれをきっかけに、新しい契約を結びました。
 これでプロバイダ料金は約半額になります。
 (ただし、違約金無しで解約できる時期が限られる)

 電話セールスがきっかけでアクションを起こすことが出来て、 
 月々のプロバイダ料金を下げることができたことを考えると、
 電話セールスにお付き合いした時間は無駄では無かった気がします。


posted by 熱血感動型 at 17:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。