2010年12月11日

悲喜

 時を超えたベストセラーと呼ばれる書籍として、
 デール・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」があります。
 この書物の内容を実践する訓練の場として
 デール・カーネギー・コースというセミナーがあります。

 11年前、このセミナーに通っていました。会場は原宿。
 毎週土曜日の午後、3ヶ月間通ったと記憶しています。
 受講生は、大企業に勤務する方や、役所関係の方が多く、
 「私が来るようなところではないのでは?」と思ったものでした。

 さて、昨日。仕事の関係で11年ぶりに原宿へ行ってきました。
 
 駅から仕事先に向かうと、
 デール・カーネギー・コースが開催されていたビルがありました。

 懐かしい。
 
 ここに通って、自己啓発に目覚めたんだっけ。
 自己啓発できない当時の現状に不満を抱き、悩み苦しみ、
 産業カウンセラーの先生に相談に行くようになって。
 長い長いカウンセリングの時間の中で、
 過去と向き合い、過去を受け入れ、
 未来を創るために自分を変えようと決心して、
 中小企業診断士を目指した当時の想いが蘇ります。
 
 そんなことを思いながら、メールを確認するために携帯を開くと、
 今年2次試験を受けた方から、合格のメッセージが届いていました。

 私が診断士を目指すきっかけとなったこの場所で、
 2次受験生の合格の報せを受け取ることが出来たのは、
 神様が仕組んだ演出だったんだろうか。

 さて、診断士試験の不合格経験5回の私が今、思うのは、
 試験は合格するべき時に合格するということです。
 そして、合格するべき時を創るには、
 本人の努力だけではどうしようもない場合もあるということです。

 合格、それは本当に喜ばしいことです。
 不合格、それは合格に一歩近づいた証しです。

 「今はこんなに悲しくて、涙も枯れ果てて、もう2度と笑顔にはなれそうもないけど」
 昔、中島みゆきが歌っていましたが、諦めなければ絶対に笑顔になれる。
 私はそう信じて疑いません。



posted by 熱血感動型 at 08:54| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
診断士合格はあくまで通過天だ!!!!昔を懐かしむヒマなんてないぞ!!!その時点で負け犬決定だ!!!!!
Posted by 冷血 at 2010年12月11日 21:09
PPMに当てはめると
昔を懐かしむ人は「負け犬」、
未来を語る人は「花形」、
未来を創る人は「金のなる木」、
といったところでしょうか。
ね、「問題児」の冷血さんw
Posted by 熱血感動型 at 2010年12月12日 06:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。