2006年05月12日

取組

過去問の取り組みに当たって、
間違えた理由を意識していこうと思う。

●知識が不足して間違えた場合→知識の補充もしくは知識の再確認する
●知識の使い方で間違えた場合→知識の使い方を確認する
●問題自体が難問で間違えた場合→一応、解けるようにしておく

それと、解答・解説を確認するに当たって、
「こんなの分かるわけないよ」とか「何でこんなの解けないのかなぁ」
等とネガティブに考えるのではなく
「あ、こんな捉え方もあるんだなぁ」
と前向きに解説を捉えていこうと思う。

あんまりネガティブだと勉強がつまらなくなってしまいそうなので。

で、「危機意識」と「ネガティブ」の切り分けが難しかったりするのだが。。。


posted by 熱血感動型 at 21:15| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熱血さん
こんばんわ。
危機意識とネガティブの切り分けですが、
・危機意識・・・冷静かつ客観的に現状を捉える意識。
・ネガティブ・・・感情的に捉える意識。
だと思いますので、状況によって良くなるように使い分ければ良いのではないでしょうか。
いい加減なコメントですみませんm(__)m
Posted by きんとん at 2006年05月12日 23:10
きんとんさん
危機意識もネガティブも上手く利用して、
進んでいこうと思います。ありがとうございました。m(__)m
Posted by 熱血感動型 at 2006年05月13日 20:32
隊長。おはようございます。

焦らず確実に進んでます。(たぶん)

過去問最終章「新規事業開発」に入りました。
もうすぐ過去問が1巡します。
初回は最初から解説を見ながらですので
「こんな捉え方もあるんだなぁ」と思う事が
殆どです。
今月中にはもう1巡したいと考えてます。
Posted by ゴリラ at 2006年05月16日 08:14
ゴリラさん
過去問やってると色んな気付がありますね。
お忙しそうですけど、お互い、少しでも進みましょうね。
Posted by 熱血感動型 at 2006年05月16日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。