2011年05月14日

虹色

 昨日、新規の講座に登壇しました。
 財務会計の講義30コマのうちの1コマ目、
 テーマは、「売上債権管理」です。

 冒頭に、私の体験談をお話ししました。

 ―――――ここから―――――

 診断士に登録した平成20年の11月に東北地方の某公的機関で、
 セミナー講師を2回連続して行う機会がありました。

 1回目は11月7日。セミナーテーマはマーケティングでした。
 先輩のA氏と私のペアで講師を務めました。

 2回目は11月12日。セミナーテーマは資金繰りでした。

 1回目のセミナー終了後の話です。
 講義が終了したのは21:00でした。
 せっかく東北まで来たので、何か美味しいものを食べたいな、
 ということで、先輩のA氏と夜の街へ繰り出しました。

 居酒屋に入り、しこたま飲んで、食って、しゃべって。
 いい感じで酔った我々は、ハイテンションのまま2軒目へと繰り出しました。
 地方都市ということもあり、深夜0:00を回っていたということもあり、
 ネオンの点いているお店は、まばらだったのですが、
 「スナック レインボー」というお店に入ることにしました。

 カウンターに先輩のA氏と着席して、
 ウイスキーの水割りを注文し、カラオケを歌い、
 地方都市の夜を満喫しました。

 もうそろそろ帰ろうか、ということで
 会計をお願いしたところ、2人で8,000円でした。

 手持ちの現金がわびしかったので、カードで払おうとしたところ、
 「スイマセン、当店はクレジットカードは取り扱っていないんですよ」とのこと。

 先輩のA氏に事情を話し、「現金持ってないですか」と訊いたところ、
 A氏も持ち合わせがないとのことでした。

 2人合わせて所持金4,000円。8,000円を精算するには全く足りません。

 お店のお姉さんに、近所にコンビニがないのか聞きました。
 すぐそばにあるとのことで、そのコンビニに向かいました。
 もちろんATMでキャッシングをするためです。

 目指すコンビニに着きました。
 店内に目を走らせます。ATMらしきものがありません。
 店員さんに訊いたところ「スイマセン、ATMは設置してないんですよ」

 お店に戻った私は、ママさんに相談しました。
 ・5日後に再度、セミナー講師としてこの地を訪れる予定であること
 ・今日は手持ちが4,000円しかないので、5日後に残りの4,000円を支払いたいこと
 を述べると快くOKを出してくれました。

 5日後に再度、当地を訪れた私は、スナックレインボーへ行って、
 借りていた4,000円を支払ってきました。
 ママさんは、私が本当に来てくれるとは思ってなかったみたいで、
 非常に喜んでくれました。

 さて、スナックレインボーのママさんは、
 5日後に4,000円を回収するという約束で、
 私と信用取引をしました。

 これが、5日後の回収ではなく、90日後だったら。
 これが、4,000円の売掛金ではなく、400万円だったら。

 お店は従業員に給料も払わなければいけないし、
 賃貸物件だったら家賃も払わなければなりません。
 仕入れた酒代も払わなければなりません。

 長期の回収サイト、多額の売掛金はしっかり管理しないと、
 資金繰りに行き詰ってしまいます。

 だから、売上債権を管理する必要があるんです。

 ―――――ここまで―――――

 自分の体験に基づいた話は、臨場感を醸し出すことができますし、
 受講生も身を乗り出して聞いてくれていました。

 スナックレインボーのエピソードが、
 売上債権の講義に上手く色を付けてくれました。

 色はもちろん虹色ですw 


posted by 熱血感動型 at 10:03| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 色はもちろん虹色ですw 

うまい。

Posted by オレユニ at 2011年05月14日 10:34
お話に引き込まれました。得意領域ですね( ̄ー ̄)
Posted by ペパチェ at 2011年05月14日 11:35
奇しくも受験生最後の日2008年版の執筆メンバーが揃いました。
オレユニさんともぺパちゃんともしばらくお会いできてないなぁ。
ぺパちゃんとはもうすぐ会えるけど。
Posted by 熱血感動型 at 2011年05月15日 10:35
診断士の先生とは自分の所持金を考えず、クレジットカード決済可否の確認もせずにお店に入るものなのでしょうか。それとも互いに奢られる期待で入店したのでしょうか。
キャッシュフロー経営が重要視されている現在、
そんな先生方が売上債権管理を教えるのは噴飯ものです。
Posted by 冷血無情型 at 2011年05月19日 02:33
>診断士の先生とは自分の所持金を考えず、クレジットカード決済可否の確認もせずにお店に入るものなのでしょうか

診断士全員がそうではなく、私のような浅はかな者もいるとお考えください(おそらくレアケースです)。冷血さんもそうではないでしょう?

>キャッシュフロー経営が重要視されている現在、そんな先生方が売上債権管理を教えるのは噴飯ものです。

なるほど。そういう考え方があったか。今回紹介した売上債権管理の締めの話として使えそうですね。今後活用させていただきます。ありがとうございました。
Posted by 熱血感動型 at 2011年05月19日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。